Tennis site for tennis lovers

【ストリング/インプレ・レビュー】ベテランにマッチするポリエステルを探す㊳/ バボラ RPMチーム(Babolat RPM TEAM)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベテランにもマッチしそうなポリ系のストリング探しシリーズ

第38回目は、『バボラ RPMチーム』です。

バボラ RPMチームは、RPMブラストを基準に、若干柔軟で軽快な打感にした1本。RPMシリーズのスピン性能・引っ掛かりも保持しながら、より入門編の位置づけとなるストリングです。

あわせて読みたい
【インプレの参考に】私はこんなプレイヤー インプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品インプレを参考にしていただくため...
スポンサーリンク
Contents

バボラ RPMチーム(Babolat RPM TEAM)の特徴・スペック

製品プロフィールです。

メーカーバボラ(Babolat)
製品名RPMチーム(RPM Team)
ゲージ1.25mm、1.30mm
カラーブラック、ブルー
素材高密度共ポリエステル(マイクロエアバブルテクノロジー=微細気泡技術)
生産MADE IN FRANCE
価格情報12m:¥2,640(税込)
200mリール:¥35,200(税込)
最安価格12mカット品1,240円(価格+送料)、200m:16,800円 送料無料~
※2022.5.4楽天調べ
商品説明ポリエステル製ストリングを使用したときのスピンやコントロール力は気に入っているけれども、
もっと柔らかいストリングをお望みですか。
RPMチームはそのような方のために試合用ストリングを作りました。
内部の高密度な構造を実際に見ることはできませんが、重いスピンを打ったり、連続してショットを
打ったりしたときの柔らかい打球感を気に入られるはずです。
スピン
八角形の構造をした高密度共ポリエステルにより、ボールに高速な回転がかかるため、驚異的な
スピンをかけることができます。
コントロール
RPMチームは、どのRPMストリングも優れたコントロール性能を発揮するように作っているため、
どのようなショットも正確に打つことができます。特殊な低密度共ポリエステルのストリングの場合、
より柔らかい打球感が得られます。より高いトレランスを求めるプレーヤーに最適です。
バボラ公式サイト 製品紹介ページより

RPMチームは、RPMシリーズに特徴的な八角形構造はそのままに、柔らかさが特徴となっているようです。

あわせて読みたい
【ストリング/インプレ・レビュー】ベテランにマッチするポリエステルを探す㉙/ナダル愛用のバボラ RPM... ベテランにもマッチしそうなポリ系のストリング探しシリーズ。 今回は、2022年全豪でも大活躍中のナダル(記事執筆時点でベスト4進出)が愛用する『バボラ RPMブラスト...

バボラ RPMチームのインプレ

【セッティング】
PRINCE TOUR100(16×18)
48ポンド、プレストレッチ5%、1本張り(ゴーセン張り)

延べ3日間にわたって、延べ7時間打ってきました。

★点数

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
コスト(市価)
総合点
打感硬さ

総評:RPMブラストより若干柔らかく、RPMラフよりも軽い打感/ポリ初心者にも!!

メーカー説明では「柔らかさが売り」ですが、そこまでフニャフニャというわけではありません。

ブラストよりは確かに柔らかいのですが、ラフよりは打ち応えがあります。また、モタっと鈍さがあったラフよりは軽快な打感でした。RPMチームは、ブラスト以上に自分好みのストリングでした。

打球音は「パイーン」といったイメージ。軽く掴んですぐに放り出してくれるような、軽い球持ち感です。ブラスト、ラフよりも楽に飛ばしてくれるでしょう。

あえて悪い表現をするとRPMブラストよりも打ち応えがなくて、ラフよりも抜け感のある印象。もしバボラのポリを初めて選ぶなら、まずはチームから試して、もう少しハードさが欲しいならブラスト、スピンと球持ちが欲しいならラフを。こんな選び方が良いと思います。

RPMシリーズの角の取れた8角形断面はそのままで、スピン性能ではブラストとの大きな差は感じにくいと思います。

打感の変化について

RPMシリーズ全般に、表面コートは強いとは言えず、ある程度打つと引っ掛かりが生じやすい点は気になります。

最も維持が悪かったのはラフで、ブラストとチームが同程度だと感じました。スピン性能の維持はチームについてもやや課題かもしれません。

テンション維持性能

テンション維持性能も中庸

48ポンドで張り上げ、張り上がりの面圧は50.5ポンドと、しっかり面圧が出てくれました。伸縮性の高い糸は面圧が出やすいので、おそらくRPMチームの柔軟性の影響と考えられます。

張った当日に4時間も使用しましたが4.1ポンドのテンションロス、3日後までにさらに7時間使用し延べ5.1ポンド低下。少なくともブラストよりもテンション低下が緩やかな状況。テンション維持性能がかなり期待できそうです。

  • 張り上げ直後 50.5ポンド
  • 張り上げ当日 4時間使用後 46.4ポンド ▲4.1ポンド ▲8.1%
  • 張り上げ2日後 延べ5時間使用後 45.8ポンド ▲4.7ポンド ▲9.3%
  • 張り上げ3日後 延べ7時間使用後 45.4ポンド ▲5.1ポンド ▲10.1%
  • 張り上げ10日後 延べ9時間使用後 43.7ポンド ▲6.8ポンド ▲13.5%
  • 張り上げ21日後 延べ12時間使用後 43.7ポンド ▲6.8ポンド ▲13.5%
  • 張り上げ28日後 延べ13時間使用後 43.6ポンド ▲6.9ポンド ▲13.7%

コスト

2022年5月4日時点で、12mカット品で1,240円(価格+送料)、200mリール16,800円 送料無料~です。

RPMブラスト、ラフよりも低価格設定で、流通価格もかなり安め。RPMチームはかなりコスパに優れた一本です。

ホームストリンガー視点での感想

張り心地はRPMブラストと差がなく、表面の滑りも良く、張りやすいポリエステルです。

角の取れた八角形断面なので、多角形を意識せずに張ることができました。

インプレまとめ

バボラ RPMチームは、RPMブラストよりは柔らかく、RPMラフよりは打ち応えがあって軽快な打感。

RPMシリーズの良さであるスピン性能は保持しつつ、より難易度の低い、ソフト&軽快な性能の1本でした。

RPMシリーズの入門用としておススメします。

あわせて読みたい
ストリングレビュー(メーカー別) ストリングレビューをメーカー別にまとめました(50音順)。 【ウイルソン】 マルチセンセーションマイルドさと心地よさ、高コスパのストリングマルチセンセーションコ...

推奨プレイヤーをまとめます。

RPMチームをおススメしたい人
  • RPMブラストより、もう少し柔軟性が欲しい
  • RPMラフより、もう少し軽快な打感が好み
  • ハードなポリは難しい
  • ソフト過ぎるポリは好みではない
  • できるだけ楽に飛ばしたい
  • コスパ重視
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

Contents