Tennis site for tennis lovers

【ストリング/インプレ・レビュー】ベテランにマッチするポリエステルを探す㊲/ バボラ RPMラフ(Babolat RPM ROUGH)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベテランにもマッチしそうなポリ系のストリング探しシリーズ

第37回目は、『バボラ RPMラフ』です。

躍動感あふれるプレーが魅力の、あのオジェ=アリアシムが使用していることでも有名なストリングですね。

Embed from Getty Images

バボラ RPMラフは、RPMブラストをマイルドな打感にし、スピン性能をアップさせた1本。性能維持は課題ながら、クセの少ない「ラフ加工ポリど真ん中」のストリングです。

あわせて読みたい
【インプレの参考に】私はこんなプレイヤー インプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品インプレを参考にしていただくため...
スポンサーリンク
Contents

バボラ RPMラフの特徴・スペック

製品プロフィールです。

メーカーバボラ(Babolat)
製品名RPMラフ(RPM ROUGH)
ゲージ1.25mm、1.30mm、1.35mm
カラーブラック、イエロー、蛍光レッド
素材高密度共ポリエステル
生産MADE IN FRANCE
価格情報12m:¥3,320(税込)
200mリール:¥44,000(税込)
最安価格12mカット品1,830円(価格+送料)、200m:18,480円 送料無料~
※2022.4.29楽天調べ
商品説明勝利につながるスピンを打てます。RPMラフを使用すると、試合で究極のスピンを打てます。
ストリングにボールが当たったときに、文字通りその感触を感じられます。
具体的には、ショットを打つ時にボールがストリングに食いつくような感触を得られます。
フェリックス・オジェ=アリアシム選手など、世界の一流選手に広く使われているのも納得できます。

究極のスピン
八角形の構造、粗い感触、高密度共ポリエステルの組み合わせにより、ボールに高速な回転をかけ、驚異的なスピンレベルを可能にします。
バボラ公式サイト 製品紹介ページより

RPMブラストにラフ加工を施したストリングです。これまでの経験上、ラフ加工は打感をマイルド・穏やかにし、球持ち・食いつきが増える傾向がありますが、RPMラフはどのような味付けになっているでしょうか。

あわせて読みたい
【ストリング/インプレ・レビュー】ベテランにマッチするポリエステルを探す㉙/ナダル愛用のバボラ RPM... ベテランにもマッチしそうなポリ系のストリング探しシリーズ。 今回は、2022年全豪でも大活躍中のナダル(記事執筆時点でベスト4進出)が愛用する『バボラ RPMブラスト...

バボラ RPMラフのインプレ

【セッティング】
PRINCE TOUR100(16×18)
48ポンド、プレストレッチ5%、1本張り(ゴーセン張り)

延べ3日間にわたって、延べ5.5時間打ってきました。

★点数

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
コスト(市価)
総合点
打感硬さ

総評:RPMブラストをよりマイルドに、スピン性能UP/守備範囲広し!

まず、うたい文句の通り、回転系のショットは強みだと思います。

そもそもの8角形断面(鋭角ではなく、エッジが丸目の8角形)に、ラフ加工が加わったことでストリングが滑りやすくなり、スナップバックが利いて、結果的にスピンは良くかかる印象です。RPMブラスト基準で、もう少しスピン性能を上げたい、という時に良い選択肢となります。

また、これまでの経験上ラフ加工は、振動減衰性が高くマイルドな打感に感じますが、RPMラフもやはり柔らかマイルドな打感で、球持ちを感じられます。ポリ系としては負担感は少ないでしょう。

その分、打球音は少し鈍いように感じます。スカッと爽快な音が好きな人には、鈍く感じそう。

RPMブラストは良い意味で中庸なポリストリングでしたが、そのラフ版であるRPMラフも「ラフストリングの中庸」と言えそうです。大きなクセがなく欠点が少ないので、守備範囲は広いです。

ショット的には上述した通り、回転系は得意ですので、回転系サーブ、スピンストローク、そしてスライスも快適でした。スピンでコントロールしていく場合に、心強い武器となります。

打感の変化について

テンション維持は平均的ですが、表面コートは強いとは言えず、割と早めにストリング同士の引っ掛かりが生じました。

スナップバックが利きづらくなる分、スピン性能が落ちるのは早めに感じるかもしれません。

テンション維持性能

テンション維持性能も中庸

48ポンドで張り上げ、張り上がりの面圧は48.1ポンドと、ほどほどの面圧です。

張った当日に2時間使用し4.3ポンドのテンションロス、7日後までにさらに3回5.5時間使用し延べ6.4ポンド低下。ポリ系としてはノーマルなレベルでしょう。

  • 張り上げ直後 48.1ポンド
  • 張り上げ当日 2時間使用後 43.8ポンド ▲4.3ポンド ▲8.9%
  • 張り上げ3日後 延べ3.5時間使用後 42.2ポンド ▲5.9ポンド ▲12.3%
  • 張り上げ7日後 延べ5.5時間使用後 41.7ポンド ▲6.4ポンド ▲13.3%
  • 張り上げ12日後 延べ7.5時間使用後 41.2ポンド ▲6.9ポンド ▲14.3%
  • 張り上げ27日後 延べ9時間使用後 41ポンド ▲7.1ポンド ▲14.8%

コスト

2022年4月29日時点で、12mカット品1,830円(価格+送料)、200m:18,480円 送料無料~です。

RPMブラストと定価はさほど変わらないものの、調査時点ではカット品はやや高めですね。もし気に入ったなら、いっそのことリールで買ってしまいたいです。

ホームストリンガー視点での感想

多角形ポリということもあり、スピーディーにたぐると指が痛かったりする場面がありました。

とはいっても、ラフ加工はサラッとした感触で、特別に張りにくいということはないです。張り時間も普段とあまり変わりませんでした。

インプレまとめ

バボラ RPMラフは、RPMブラストをよりマイルドな打感に変え、スピン性能を向上させた1本。ラフ加工ストリングとしては、クセの少ない平均的な性能で、幅広いユーザーをカバーできそうです。

表面コートの維持が若干悪い分、スピン性能、打感の維持が少し課題になるかもしれません。

あわせて読みたい
ストリングレビュー(メーカー別) ストリングレビューをメーカー別にまとめました(50音順)。 【ウイルソン】 マルチセンセーションマイルドさと心地よさ、高コスパのストリングマルチセンセーションコ...

推奨プレイヤーをまとめます。

RPMラフをおススメしたい人
  • オジェ=アリアシムが好き!
  • RPMブラストは好きだが、もう少しスピン性能が欲しい
  • RPMブラストは好きだが、もう少しマイルドさが欲しい
  • 硬すぎず柔らかすぎないポリが好み
  • 頻繁に張り替えられる環境にある
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

Contents