Tennis site for tennis lovers

【ストリング/インプレ・レビュー】ベテランにマッチするポリエステルを探す㊵/ ヨネックス ポリツアースピン(YONEX POLYTOUR SPIN)

ベテランにもマッチしそうなポリ系のストリング探しシリーズ

第40回目は、『ヨネックス ポリツアースピン』です。

ポリツアースピンは、

硬質感があり、その性能維持は魅力。反発、球持ちは中庸ながら、エッジの利いた5角形断面のおかげで、振れば勝手にスピンが掛かってくれるようなストリングでした。

あわせて読みたい
【インプレの参考に】私はこんなプレイヤー インプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品インプレを参考にしていただくため...
Contents

ヨネックス ポリツアースピン(YONEX POLYTOUR SPIN)の特徴・スペック

製品プロフィールです。

メーカーヨネックス(YONEX)
製品名ポリツアースピン(POLYTOUR SPIN)
ゲージ1.20mm、1.25mm
カラーブラック、コバルトブルー
素材ハイポリマーポリエステル(5角形モノフィラメント)
生産MADE IN JAPAN
価格情報12m:¥2,750(税込)
240mリール:¥34,650(税込)
最安価格12mカット品980円(価格+送料)、200m:12,779円 送料無料~
※2022.5.22楽天調べ
商品説明5角形断面のギガスピン。
ヨネックス公式サイト 製品紹介ページより

何て端的な商品説明でしょう。とにかくスピン特化型というのが売りのようです。

トッププロでは、カスパー・ルードが現在ハイブリッドで使用中です。

ヨネックス ポリツアースピン(YONEX POLYTOUR SPIN)1.25インプレ

【セッティング】
Babolat PURE STRIKE100(16×19)
48ポンド、プレストレッチ5%、1本張り(ゴーセン張り)

延べ7日間にわたって、延べ7時間打ってきました。

★点数

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
コスト(市価)
総合点
打感硬さ

総評:硬めで伸縮性・柔軟性が少な目/打感の変化が少ない点はメリット!!

張り上げ中にも感じますが、伸縮性がやや少な目。そういったストリングは面圧が低く出る傾向があり、実際に低い張りあがりテンションとなりました。打感は硬め、打球音はやや鈍く、その影響もあって少々重さも感じます。

触ってみるとすぐに分かりますが、ポリツアースピンはとにかくエッジがしっかり出た、鋭角な5角形断面のストリングです。その形状的な特性で、スピン性能はとにかく優れています。ある程度振っていけば、勝手にスピンが掛かってくれるような感覚があります。一方で、パワーの少ないチョリっと掛けるスピンは、少しショートボールになりやすい傾向です。

5角形ではソリンコハイパーGが有名ですが、ハイパーGがややエッジがマイルドなのに対して、ポリツアースピンは本当に鋭角な5角形。引っ掛かりではポリツアースピンに軍配が上がります。

スピンストロークはもちろん、サーブもバックハンドスライスも、ストリングにボールがしっかり引っ掛かるため、暴発しない印象で、とにかくスピンコントロールに優れる点が好感触でした。

経糸と横糸が面で接触するためノッチができにくく、その影響もあって打感の変化が少ないです。そしてノッチの出来にくさのおかげもあるのか、テンション維持も非常に優れているようです。

あわせて読みたい
【ストリング/インプレ・レビュー】ベテランにマッチするポリエステルを探す㉘/ソリンコ ハイパーG大人... ベテランにもマッチしそうなポリ系のストリング探しシリーズ。 今回は、すでに大人気ストリングとして有名な『ソリンコ ハイパーG(SOLINCO HYPER-G)』のインプレ・レ...

テンション維持性能

テンション維持性能は期待大!!

48ポンドで張り上げ、張り上がりの面圧は47.5ポンドと、やや低め。糸自体の伸縮性の低さの影響と考えられます。

張った当日に1.5時間使用し2.5ポンドのテンションロス、7日後までに7時間使用し延べ4.6ポンド低下。

28日まで経過を追いましたが、テンション維持性能はかなり優れています。

  • 張り上げ直後 47.5ポンド
  • 張り上げ当日 1.5時間使用後 45ポンド ▲2.5ポンド ▲5.3%
  • 張り上げ3日後 延べ3時間使用後 43.3ポンド ▲4.2ポンド ▲8.8%
  • 張り上げ7日後 延べ7時間使用後 42.9ポンド ▲4.6ポンド ▲9.7%
  • 張り上げ10日後 延べ9時間使用後 42.2ポンド ▲5.3ポンド ▲11.2%
  • 張り上げ21日後 延べ10時間使用後 41.8ポンド ▲5.7ポンド ▲12%
  • 張り上げ28日後 延べ12時間使用後 41.3ポンド ▲6.2ポンド ▲13%

コスト

2022年5月22日時点で、12mカット品で980円(価格+送料)、200m:12,779円 送料無料~です。

日本製の高性能ストリングがこの価格で買えるのは、コスパ最高としか言いようがありません。

ホームストリンガー視点での感想

エッジのきつい5角形ポリエステルのため、若干張りにくさは感じます。捻じれにも十分注意する必要があるため、ストリンガー泣かせの一本ですね。このストリングを捻じれゼロで張り上げるのは、至難の業です…。

インプレまとめ

ヨネックス ポリツアースピンは、硬め、やや重めの打感。

スイングパワーをスピンに変換しやすく、ある程度振っていくことでスピンでコートに収まってくれるような、コントロールの良さを感じます。打感とテンションの変化が少ない点もメリットでした。

あわせて読みたい
ストリングレビュー(メーカー別) ストリングレビューをメーカー別にまとめました(50音順)。 【ウイルソン】 マルチセンセーションマイルドさと心地よさ、高コスパのストリングマルチセンセーションコ...

推奨プレイヤーをまとめます。

ポリツアースピンをおススメしたい人
  • スピン性能が命、楽にスピンをかけたい
  • 硬めのポリが好き
  • しっかり振っていける
  • 爽快さよりも豪快さを求める
  • コスパ重視

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

Contents