ストリング

【ストリング】最高のマルチを探す旅その⑨/テクニファイバー マルチフィール17/1.25のインプレ Technifibre MULTI FEEL1.25

2020年9月3日追記

XR3を基準としたマルチフィラメントのインプレ”9本目です。

今回はXR3と同様のモノマルチの『テクニファイバー マルチフィール17/1.25』です。

性能バランスが良く、モノ感覚で使えるマルチでした!

【インプレの参考に】私はこんなプレイヤーインプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品イン...

テクニファイバー マルチフィール1.25のスペック

XR3と同じテクニファイバーの、マルチフィール1.25です。

このマルチフィールですが、定価はXR3よりもかなり安いが同じ素材を配合、同じモノマルチということで、かなり近いフィーリングなのではないかと期待していました。

マルチフィールのプロフィールです。

メーカーテクニファイバー(technifibre)
製品名マルチフィール(MULTI FEEL)
ゲージ1.25mm、1.30mm、1.35mm
カラーナチュラル、ブラック、ダークブルー、ネオンピンク
素材ナイロン、ポリウレタン
構造・特徴モノフィラメントコア(1本芯)を有する、マルチフィラメントストリング。テクニファイバーが得意とするポリウレタン配合のナイロンマルチ。
製造国フランス
定価2,000円+税(12m)、28,000円+税(200mロール)
発売開始2018年8月
メーカーうたい文句マルチフィラメントの反発性、ホールド感、柔らかさを体感可能な、幅広いユーザーにおすすめのハイコストパフォーマンスモデル。

テクニファイバー マルチフィール1.25のインプレ

PRINCE TOUR 100P(18×20)

52ポンド、1本張りで張り上げました。

さて、延べ2時間打った後の☆点数です。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

良い意味でとても普通な打感!そしてテクニファイバーのポリウレタン入りマルチの心地良さも表現できています。

基準ストリングであるXR-3の評価も記載します。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

続いて各性能について、XR3との勝敗も示していきます。

ナチュラル色は、ややグレーがかったくすんだ色目

反発感

反発は良好で、マルチではありますがモノストリングに近い感触です。細めの3本芯のモノマルチであるXR3とは、1本芯のマルチフィールはやや感触が異なります。

心地よいシャープさという点はXR3と共通しますが、やや柔らかいXR3より硬めのマルチフィール。ここら辺は好みの問題となりそうですが、甲乙つけがたい。球離れで言うならマルチフィールが良いでしょう。

マルチストリングとしては硬く、爽快なシャープな反発です。マルチ以上モノ未満という表現ができそうです。

ホールド感

硬めのマルチですが、ポリウレタンの助けもあって程よいホールド感はあります。くわえ込むようなホールド性ではなく、どちらかというとグーっと引き付けてパンっと弾くような軽快な感触です。

柔らかな包み込むホールド感でいうと、XR3が勝りそうです。

スピン性能

表面コーティングの滑りが良く戻りが良い、すなわちスナップバックが良好なストリングです。

スナップバックの良いストリングに変えてスピン量が増えると、ボールが浅くなってしまう傾向がありますが、XR3を基準にすると違和感のないレベルです。程よいスピン量で、コントロールがしやすい、私好みのスピン性能でした。このストリングは良い選択肢になると思います。

マルチの中ではスピン性能は割と良く、それが適度です。

テンション維持性能

52ポンドで張り上げ、面圧は54.3でしっかり出てくれました。使用後の初期テンション低下は普通です。

  • 張り上げ直後とヒッティング2時間後のテンション低下は2.6ポンド、▲4.8%とテンション低下は普通レベルでした。
  • 7日経過 3時間使用後 49.3ポンド。▲4ポンド、▲7.4%
  • 11日経過 約6時間使用後 48.3ポンド ▲5ポンド、▲9.2% かなり消耗が進み、さきイカ状態に。コア芯のみになっている部分が数か所現れる
  • 14日経過 約7時間使用後にサーブ練習中に切れました。

テンションはコア芯のみになった状態ですら、最後までかなり維持してくれました。

耐久性(切断耐久性)

メーカーとしては、耐久性が高いマルチ、というのを売りにしているようです。

ヒッティング開始2時間後に、テクニファイバーのマルチに特有の毛羽立ちが少しだけ見られましたが、表面コーティングの滑りはまだ保っています。一回目の使用で、ノッチが少し確認できました。

やはりマルチフィールも、テクニファイバーのマルチによく見られるさきイカ状態に

2020年9月3日追記

結局2週間、約7時間で切れましたので、切断耐久性はXR3より少し良いかな?程度で、一般のマルチの中では決して高耐久性ではありません。

切断後の修正評価

テンション維持はやや評価を上げ、切断耐久性の評価を下げ、総合点はやや低下です。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点

コスト

2020年8月時点で、定価はXR3より600円も安く、マルチストリングとしては最も安い部類です。非常にお財布に優しいストリングです。

かなり安いにも関わらず、基本性能のバランスも良く、コストパフォーマンスに優れたマルチストリングです。

ホームストリンガー視点での感想

マルチにしては適度にコシがあります

コーティングはサラッとした感触。クランプ箇所の白潰れはさほど気になりません。クセがなくてストリンガーからするととても張りやすい1本です。

XR3と比較して

この検証はXR3を基準に以下の視点で採点をしています。

  1. XR3のコストとそん色ないこと
  2. XR3の打感に劣らないこと
  3. XR3の耐久性を超えること
評価項目勝 者コメント
反発感MF心地良さはXR3、シャープさはMF 僅差の結果
ホールド感XR3MFの方が少しだけ硬い
スピン性能MFスナップバックが良いマルチ
テンション維持引分けテンション低下はスロー
切断耐久性MF僅差。あまり耐久性は高くない
コストMFコスパがMFの売り

マルチフィールは、とにかくコストパフォーマンスが高く、基本的な性能レベルも高いです。やはり打感の心地良さはXR3に軍配が上がりますが、耐久性が本当に良いのであれば、XR3の代替候補に十分なりえます

2020年9月3日追記

最終的に、テンション維持も良く、切断耐久性もXR3より少し良い程度でしたので、結果としてコストパフォーマンスはXR3より良く、性能的にもXR3の代替候補として検討して良さそうです。

インプレまとめ

低価格モノマルチストリングとして、素晴らしいパフォーマンスだと思います。マルチストリングの入門用としても強くおススメしたい一本です。

マルチフィール1.25はマルチとしては硬めで、モノストリング寄りの感触です。反発、ホールド、スピン、全ての項目のバランスが良い。価格、耐久性も考慮すれば本当に幅広いユーザーのニーズに応えられる、おススメのストリングです。

最後に推奨プレイヤーをまとめたいと思います。

マルチフィール1.25をおススメしたい人
  • とにかく安いストリングがありがたい
  • ナイロンモノストリングからの切替候補として
  • ポリエステルからの切替候補として
  • マルチ愛好者だがもう少しスピン性能を上げたい
  • マルチ愛好者だがもう少し打ちごたえ(硬さ)が欲しい
  • マルチ愛好者で少しでも耐久性を上げたい人(今後の検証によって変わる可能性あり)
  • プレースタイルはオールラウンドに対応可能
関連記事