グリップテープ

【グリップテープ】サラッサラなドライグリップ/バボラ プロチームSP Babolat PRO TEAM SP

現在発売中の各種ドライグリップを試用しています。

今回はバボラのプロチームSPのレビューです。

【グリップテープ】ドライグリップを考察する:トーナグリップ日本市場では多くのオーバーグリップテープが売られています。 外国ではドライグリップが当たり前のようですが、楽天やAmazonなどの...
【グリップテープ】人にあまり教えたくない最高のドライグリップ2020年9月1日追記 少し前にドライグリップのメリット、そしてドライグリップの基準であるトーナグリップをご紹介しました。 ...
【グリップテープ】トーナグリップからの代替えなら:キモニー ネオドライ・グリップテープ以前にドライグリップのメリット、ドライグリップの基準であるトーナグリップ、最高のドライであるXTRグリップをご紹介しました。 現在...
【グリップテープ】女王グラフが愛したウェットグリップ現時点ではパシフィックのXTRグリップを最高のグリップと位置付けていますが、よりよいグリップテープの探求は続けています。 今回、ト...
【グリップテープ】耐久性を追求したドライ/キモニー ラストドライグリップ現在発売中の各種ドライグリップの使用感を調査しています。 今回はキモニーのラストドライグリップを試してみました。 https...

今回試すのはバボラ プロチームSP

バボラ プロチームSPのプロフィールです。

メーカーバボラ(Babolat)
製品名プロチームSP(PRO TEAM SP)
サイズ厚さ0.55mm、幅23mm、長さ115cm、重さ5g
カラーホワイト、ブラック
素材ポリウレタン、不織布
構造・特徴きめ細かくサラッとした触り心地のザ・ドライグリップ
製造国MADE IN CHINA
定価1本入り:¥300+税
3本入り:¥800+税
12本入り:¥2,700+税
メーカーうたい文句
シルクパウダーの配合により、優れた吸汗性とソフトな感触を実現したドライタイプ。

バボラ プロチームSPのインプレッション

さて3時間ほど使ってみた感想です。

プロチームSPの特徴
  • ザ・ドライグリップと言ってよい、サラッとした触感
  • 0.55mmの割にしっかりとした厚みを感じる
  • ソフトな握り心地
  • 耐摩耗性に優れる
  • 伸縮性が高く、非常に巻きやすい
  • 価格が安い
  • 流通量が多い
  • 濡れた時のグリップ力維持は良好
  • レザーグリップの角が出やすいとは言えない
  • カラーが2色のみ
  • ウェット愛好者には少し抵抗がありそうなほどのドライ触感

この握り心地、好きな人は好きだろうな!というのがまず思ったこと。きめ細かくサラッとしていて、上質なベルベットのようなソフトな触感です。強力なグリップ力を求めるウェット愛好者には、抵抗を感じるほどのあっさり触感で、滑ると感じる人もいそうで、オールラウンドにおススメできるわけではなさそうです。

最近はXTR、ネオドライ、タフドライなど、引っ掛かりが強くてグリップ力に優れるドライも多いので、その辺りと比べると、プロチームSPは引っ掛かりがあっさりしています。

ただ、汗で濡れた時のグリップ力維持は良かったので、ドライの良さをしっかり表現できています。

耐久性:3時間使用後

3時間の使用ではほとんど消耗していません。擦れや剥がれはありません。

触感は上品ですが、耐久性(耐摩耗性)は非常に優れていました

かなり汗を吸ったはずの3時間後でも、グリップ力もあまり落ちていません。また、ウェットグリップと比較すると、汚れが目立たないと感じました。この点は優秀です。

耐摩耗性は良好。ウェットと比較して汚れにくさを実感

まとめ

ドライを選ぶ人は汗かきが多く、濡れた際のグリップ力を大切にしている方が多いと思いますので、質が高いこのグリップはそのような方にはおススメできます。

一方でウェット愛好者には受け入れが悪いだろうな、と予想できます。ドライ初心者にはおススメしにくいかも知れません。

まとめます。

バボラ プロチームSPをおススメできる人
  • とにかく汗かきで、乾いたドライの触感を求めている
  • あっさりとした触感が好み
  • 耐久性の高いグリップが好み
  • バボラのラケットに合わせたい

 

関連記事