ストリング

【ストリング】XR3代替 最高のマルチを探す旅その⑤/バボラ アディクション1.25のインプレ Babolat Addiction1.25

XR3を基準としたマルチフィラメントのインプレ”5本目です。今回は、『バボラ アディクション』です。

【インプレの参考に】私はこんなプレイヤーインプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品イン...

バボラ アディクション1.25のスペック

私は初めてのアディクション

構造的にもベーシックなマルチストリングの印象で、ポリウレタンも配合されますので、柔軟性と心地よい反発性を想像します。張り上げ時点では、ウイルソンのセンセーションに近いような気がしました。

さてストリングのプロフィールです。

メーカー バボラ(Babolat)
製品名 アディクション(Addiction)
ゲージ 1.25mm、1.30mm、1.35mm
カラー ナチュラル
素材 ナイロン、ポリウレタン
構造・特徴 平均的な細かさのマルチフィラメントの中に、芯めいたマルチ束が中央に配置される構造。
製造国 フランス
定価 2500円+税
メーカーうたい文句
摩擦係数の軽減などにより、耐久性を向上。テンション維持性に優れ、やわらかな打球感が心地よい快適マルチファイバー。

バボラ アディクション1.25のインプレ

PRINCE TOUR 100P(18×20)

52ポンド、1本張りで張り上げました。

さて、延べ1.5時間打った後の☆点数です。

反発
ホールド
スピン
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

張り上げ時の印象は「柔らかい、マイルド、表面コートは滑りが良さそう、ぼんやりマイルド系」を想像していました。

実際は、柔らか目、表面の滑りが悪い、スピン性能がやや低いため、思ったよりも飛んでいくといった印象です。

基準ストリングであるXR-3の評価も記載します。

反発
ホールド
スピン
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

続いて各性能について、XR3との勝敗も示していきます。

反発性能

私がXR3を好む理由は、芯があり、伸縮性が高く、心地よく弾く感覚がマッチするためです。

アディクションは、一言でいうとマルチの割にまあまあな反発と言えます。後述しますが、このストリングは滑りがよろしくないため、スピン性能がやや低く、その分マルチの割に飛んでいく感じがします。素材にポリウレタンが入るため、その伸縮性もプラスされている影響かもしれません。

XR-3を基準とすると、芯がない分やや劣ります。

心地よいシャープな弾き感が好きな私にとっては、XR3の勝利です。

バボラ アディクション1.25 < XR3

ホールド性能

マルチ特有のソフトな感触はありますが、ぼやけた感じではなく一定のハリを感じます心地よいホールドで、手肘に優しい感覚です。掴んで飛ばすフラット系にハマりやすそうな印象です。

少しずつ分かってきましたが、ポリウレタンを配合すると、柔らかさだけでなく一定のハリを与え、心地よいホールド感につながるようです。

ちなみにホールド感についてはXR3に勝ります。

バボラ アディクション1.25 > XR3

スピン性能

マルチにスナップバックを期待することが間違いでしょうが、使い始めて数分でストリングのキシみを感じ、ズレたまま戻らなくなります

スピンが掛からないわけではないのですが、XR3に慣れている身からするとなかなか上手くスピンコントロールができませんでした。スピン性能は高くないと言えるでしょう。

スピンはXR3の勝利です。

バボラ アディクション1.25 < XR3

テンション維持性能

  • 52ポンドで張り上げ、直後は51.1ポンドの面圧。面圧の出やすさは標準的です。
  • 張り上げ後に初めてプレーしたのが二日後になったのですが、プレイ前と1.5時間使用後のテンションもほとんど変わらず、初期テンションロスが非常に少なかったです。
  • 張り上げ4日後、3時間使用後は49.8ポンド、△1.3ポンド、△2.5%。テンション維持性能はとても素晴らしい!
  • 張り上げ15日後、4時間使用後45.8ポンド、△5.3ポンド、△10.4%、テンションが急に落ちてきました。
  • 張り上げ26日後、6時間使用後45.3ポンド、△5.8ポンド、△11.4%、テンション落ち止まっています。毛羽立ち、ほつれはさほどではありませんが、ノッチはかなりきています。

今後も経時変化を追っていきます。

バボラ アディクション1.25 ≒ XR3 ??

耐久性(切断耐久性)

ヒッティング開始1.5時間後の毛羽立ちはないものの、キシみは出ています。表面コートの割れやはがれはないので、極端に弱くはなさそうです。

ノッチは1回の練習では軽度でした。今後の経過に注目です。

バボラ アディクション1.25 ≧ XR3 ??

コスト

2020年6月時点で、定価はXR3より-100円。流通価格も安く、素晴らしき低コストマルチです。

ホームストリンガー視点での感想

1.25mmという細さ、マルチの柔らかさから比較的張りやすいものの、コシが少ないため、ホールの場所によってはストリングが邪魔をして通しにくい時があります。

新品時のコーティングはツルツルしています。色は半透明で、クランプ部分の白潰れがはっきりしています。クランプがすべらないように注意が必要です。

ストリンガーにとってはまあまあ張りやすい1本です。

XR3と比較して

この検証はXR3を基準に以下の視点で採点をしています。

  1. XR3のコストとそん色ないこと
  2. XR3の打感に劣らないこと
  3. XR3の耐久性を超えること

アディクション、ほどほどの反発、ホールド感に優れ、スピン性能低めが特徴です。テンション維持はかなり良さそう。すぐにストリングがキシむ、滑りが悪いなど、少々気になる点はありました。

総合点ではやはりXR3、スピン性能も落ちるのでXR3の代替とはなりません

バボラ アディクション1.25インプレまとめ

マルチらしいマルチといえるアディクションです。最初のマルチとしてはおススメできます。

最後に推奨プレイヤーをまとめたいと思います。

アディクション1.25をおススメしたい人
  • マルチストリングの入門用に
  • コストを重視する
  • ハリのあるホールド感が好み
  • フラット系、フラットドライブ系
  • ネットプレーヤー
  • タッチ重視
【ストリング】XR3からの代替は!?最高のマルチストリングを探す旅ロングセラーのテクニファイバーXR3。 私も長らく愛用していますが、性能について文句はなく現時点ではベストストリングです。ただ、唯...

アディクション1.30の参考インプレをご紹介

交流のある先輩ブロガー”TRUEMAN”さんが、アディクション1.30のインプレをまとめられています。テニスに対しての真剣さ、道具へ対するこだわりはすさまじく、SNSで情報交換させてもらうこともあり、ストリングインプレについては共通する感覚が多いと感じています。

1.30を検討する際は、ぜひTRUEMANさんのインプレもご覧ください。

関連記事