Tennis site for tennis lovers

【ストリング】最高のマルチを探す旅その㉗/変わり種!ナイロン&ポリオレフィンのハイブリッドマルチ/ヘッド リップコントロール1.25(HEAD RIP CONTROL)のインプレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久しぶりとなりましたが、”XR3を基準としたマルチフィラメントのインプレ”も27本目となりました。

今回は、『ヘッド リップコントロール(HEAD RIP CONTROL)』です。

リップコントロールは、強度と柔軟性が特徴のポリオレフィンを外層に用いた、ハイブリッドナイロンマルチストリングです。強さと柔軟性があり、スピン抑えめでよく飛んでくれるストリングでした。

あわせて読みたい
【インプレの参考に】私はこんなプレイヤー インプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品インプレを参考にしていただく際に...
スポンサーリンク
Contents

ヘッド リップコントロール(HEAD RIP CONTROL)の特徴・スペック

最初に、製品プロフィールです。

メーカー ヘッド(HEAD)
製品名 リップコントロール(RIP CONTROL)
ゲージ 1.30mm(海外モデルでは1.20mm、1.25mmもラインアップ)
カラー ホワイト(海外モデルでは、ナチュラルとブラックのみラインアップ)
素材/構造 ナイロン、ポリオレフィン
製造国 MADE IN ??
価格情報

12m:¥ 2,530 (税込)
200m:¥32,000 (税込)

市価最安値:12mカット品 1,100円 +送料250円 (2021.10.24時点)、200m 16,200円 +送料700円

特徴

製品説明

RIP Controlは、週末のリーグ戦とトレーニング・セッションのために少しのパワーサポートを必要とする、トーナメントおよびクラブ・プレーヤーにとって完璧な、バランスがとれて扱いやすいマルチフィラメント・ストリングです。ユニークなRIPテクノロジーによって(ストリングにもその名前が付けられています)、必要がある時にはいつでもペースやパワーを変えることができるように、ストリングの特別構造は素晴らしいコントロールを備えています。

HEAD公式サイト リップコントロール品紹介ページより

RIP

ポリオレフィン製のフラットなテープを何重にも厚く巻きつナチュラルストリングに近い構造を追求。マルチフィラメントコアと併用することで、柔軟かつ強靭なストリングを生み出します

HEAD公式サイト リップコントロール品紹介ページより

ポリオレフィンと言えば、ポリファイバー製のストリングの「ブラックヴェノム」などで用いられている、柔軟なポリ系素材です。ポリエステルと比較すると、より柔軟性があって、伸びやすい素材。一方でナイロンと比較すると硬めで耐久性があることが特徴です。

ハイブリッドナイロンマルチと言えば、テクニファイバーのHDMX、デュラミックス、トライアックスなどのナイロン&ポリエステル製があります。

リップコントロールの、ポリオレフィン&ナイロンという組み合わせがどのような打感になるのか、非常に興味がそそられます。

今回私は、日本で正規販売されていない海外並行輸入品の1.25mmナチュラルカラーを試しました。

  ヘッド リップコントロール(HEAD RIP CONTROL) のインプレ

【セッティング】
PURE STRIKE100(16×19)
51ポンド、プレストレッチなし、1本張り(ゴーセン張り)

3時間打ってきました。★点数です。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

私の基準ストリング、XR-3の評価も記載します。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

ヘッド リップコントロール(HEAD RIP CONTROL)のインプレ

その打感ですが、

コシがあって、一般的な柔らかいだけのマルチとは一線を画していて、ややナイロンモノ寄りの打感でした。

また、ポリオレフィンストリングの「ブラックヴェノム」で感じる時の様な、粘る感触があります。

反発感・ホールド感

反発感は、ホールドを感じてから飛ばしてくれる感触。自分の意志よりも飛距離が出る印象でした。

私の基準ストリングであるXR3と比較すると、少ししっかり目ながら、糸自体は柔軟性があるため、特に腕への負担を感じることはありませんでした。

ただのマルチともちょっと違う、ポリの様なしんどさは一切ないけれど、もっちり系ポリの要素が若干入っているような印象を受けました。

スピン性能

リップコントロールはストリングの滑りが極めて悪く、スピンの掛かりは決してよくありません。

フラットで低く打ちたい時は、楽に良い球が打てるのですが、スピンを掛けてコントロールしようとしても納まりが悪く、オーバー気味になってしまいました。

ポリエステルに慣れている人には、スピンコントロールが結構難しいですが、ナイロンユーザーであれば許容範囲とは言えそうです。

テンション維持性能

51ポンドで張り上げたのに、面圧は驚異の60.7ポンド!これは伸縮性の高い糸の特徴ですね。

当日1.5時間使用後に▲4.2ポンド、7日後にさらに1.5時間使用、延べ3時間使用した時点で▲7.5ポンドと、ナイロンマルチとしてはテンション維持がかなり低く、ポリ並みのテンション低下です。

  • 張り上げ直後 指定テンション 51ポンド、張り上がり 60.7ポンド
  • 張り上げ当日 1.5時間使用後 56.5ポンド、▲4.2ポンド、▲6.9%
  • 張り上げ7日後 3時間使用後 53.2ポンド、▲7.5ポンド、▲12.4%

耐久性(切断耐久性)

私は現在ポリエステルを本命で使用中のため、切断するまで使い続けるか不明ですが、もう少し経過を見ていきたいと思います。

コスト

2021年10月24日時点で、定価はXR3より300円安、流通価格は、市価最安値:12mカット品 1,100円 +送料250円 (2021.10.24時点)、200m 16,200円 +送料700円ですので、マルチフィラメントストリングとしては、かなり安いストリングです。

ホームストリンガー視点での感想

柔軟性があってコシもあります。表面抵抗がやや大きく、摩擦で痛まないよう、クロスを張る際には少し気を使いながら張り上げました。

XR3と比較して

この検証はXR3を基準に以下の視点で採点をしています。

  1. XR3のコストとそん色ないこと
  2. XR3の打感に劣らないこと
  3. XR3の耐久性を超えること
評価項目勝 者コメント
反発感XR3弾きの”強さ”でXR3に軍配
ホールド感リップコントロールホールド感は強い
スピン性能XR3表面滑沢性の維持が良い
テンション維持XR3圧倒的な差
切断耐久性
コストリップコントロール流通価格はかなり安い

爽快高反発のXR3、それよりは少ししっかり目、想定的に低反発ですが、スピンが掛かりにくい要素があるため、飛距離は出ます。

XR3では打感が軽すぎる、と感じている人にはリップコントロールは試す価値がありそうです。

インプレまとめ

ヘッド リップコントロール(HEAD RIP CONTROL)は、しっかり系マルチ。強さと柔軟性があって、スピンが控えめなのでよく飛んでくれるストリングでした。

さいごに推奨プレイヤーをまとめます。

リップコントロールをおススメしたい人
  • 打ちごたえのあるマルチが好み
  • 楽に飛ばしたい
  • フラットドライブ系のプレーヤー
  • モノストリング好きの方
  • ジュニア、力があまり強くない人、シニア
あわせて読みたい
ストリングレビュー(種類・価格帯別) インプレ・レビューしてきたストリングを一覧にし、各レビュー記事へのリンクも貼ってあります。ぜひご参照ください。 随時更新してまいります。 【ナイロン マルチス...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

Contents
閉じる