【ストリング】最高のマルチを探す旅その㉕/柔らかさが心地よい テクニファイバー TGV 1.25(TECNIFIBRE TGV)のインプレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

XR3を基準としたマルチフィラメントのインプレ”25本目は、

『テクニファイバー TGV 1.25(TECNIFIBRE TGV)』です。

TGVは、テクニファイバーのマルチストリングの中で最も柔軟性に富みつつ、テクニファイバーの持ち味である、ポリウレタンの反発感もしっかり表現されているストリングです。

あわせて読みたい
【インプレの参考に】私はこんなプレイヤー インプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品インプレを参考にしていただく際に...
スポンサーリンク
Contents

テクニファイバー TGV 1.25(TECNIFIBRE TGV)の特徴・スペック

最初に、製品プロフィールです。

メーカー テクニファイバー(Tecnifibre)
製品名 TGV
ゲージ 1.25mm、1.30mm、1.35mm
カラー ナチュラル、ブラック、ピンク
素材/構造 ナイロン(ELASTYL TM) 、ポリウレタン
製造国 MADE IN FRANCE
価格情報

定価12m:3,630円税込、200m:50,820税込

市価最安値:12mカット品1,560円 +送料250円 (2021.5.5時点)、200m23,270n円送料込

うたい文句

製品説明

ポリウレタンを多く含み、柔らかい打球感が特徴
極細フィラメントを使用し、反発性も兼ね備える

テクニファイバー公式サイト TGV製品紹介ページより

 テクニファイバー TGV 1.25のインプレ

【セッティング】

 PRINCE TOUR 100(16×18)

 52ポンド、プレストレッチなし、1本張り(ゴーセン張り)

2時間打ってきました。★点数です。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

テクニファイバーが得意とする、ポリウレタン配合のナイロンマルチの中でも、最も柔らかいのがこのTGV。メーカー情報では、ポリウレタンの配合量が多いことが特徴のようです。

ややしっかり目のX-ONE BIPHASE、芯糸を擁し高反発とソフトさを両立したモノマルチのXR3、芯糸がなく高い柔軟性がありつつコシも残すNRG2、

そして、反発感を損なわずに柔軟性を追求したTGVです。

テクニファイバーのマルチストリングの素晴らしさは、むやみにソフトさだけを追求するのではなく、しっかりと反発感も表現できるところ。TGVは「柔らかい」ですが、ボヤけた打感ではなく、心地よい反発が感じられました。

スピンが特にかかるストリングではないため、その分スイングパワーが推進力として伝わり、ボールのスピード・飛距離につながる。人によっては、飛びすぎでコントロールが悪いと感じるケースもありそうです。

私の基準ストリング、XR-3の評価も記載します。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

反発感・ホールド感

反発感は良好です。比較的カラッとしたX-ONE・XR3、ソフトかつコシがあるNRG2と比較すると、TGVはややウェットさを感じます。

そして、ボールをホールドしてくれる感触も感じ取れるでしょう。

手腕への負担、硬いストリングが期待な人にとっては、この感触は安心感につながるはずです。

スピン性能

初期のストリングの滑り戻りがよいのは、テクニファイバーマルチの特徴ですが、TGVはその維持が悪い。

すぐにキシみが出るし、テクニファイバーの中では最も毛羽立ちが出やすく、スナップバック、スピン性能が高いわけではありません。

ただし、普段からのマルチユーザーであれば、「マルチストリングのスピンはこの程度」と割り切れるレベルだと思います。

テンション維持性能

52ポンドで張り上げ、面圧は52.7ポンドでした。

都合により、張り上げ後3日間テニスができなかったのですが、その間のテンション低下が3.3ポンドでした。ナイロンマルチでも、打たずに放置してあるだけでこれだけテンションが下がるのです。

3日後に2時間使用した後のテンション低下は(張り上げ直後比)3.9ポンド。テンション維持性能は高い、と解釈して良いと思います。

  • 張り上げ直後 指定テンション 52ポンド、張り上がり 52.7ポンド
  • 張り上げ3日後ヒッティングなし 49.4ポンド、▲3.3ポンド、▲6.3% ヒッティングなしでもこれだけテンションロスする
  • 張り上げ3日後 2時間使用後 48.8ポンド、▲3.9ポンド、▲7.4% ヒッティング前との比較で0.5ポンドしか低下しなかった点は評価できる
  • 張り上げ15日後 3.5時間使用後 47.1ポンド、▲5.6ポンド、▲10.6% 下げ止まり状態
  • 張り上げ24日後 4時間使用後 46.5ポンド、▲6.2ポンド、▲11.8% 下げ止まり状態
  • 張り上げ36日後 5時間使用後 45.7ポンドの直後に切断

耐久性(切断耐久性)

ヒッティング2時間で、キシミと毛羽立ち、ノッチがかなり生じます。

TGVは、テクニファイバーの他銘柄のポリウレタンマルチの劣化の仕方と同様で、ここから一気に劣化が進むことは想像に難くありません。

5時間以内の切断は間違いなさそうです。

最終的に、延べ5時間使用後に切断しました。

コスト

2021年5月5日時点で、定価はXR3より700円高の上位ストリングになります。

流通価格も、12mカット品1810円(税・送料込)と、そこまで安いとは言えないストリングですので、もし気に入った場合はロール購入が断然おススメです。

ホームストリンガー視点での感想

ややもっちりとして柔らかいため、非常に扱いやすいです。

ホームストリンガーにとっては、とても張りやすいストリングです。

XR3と比較して

この検証はXR3を基準に以下の視点で採点をしています。

  1. XR3のコストとそん色ないこと
  2. XR3の打感に劣らないこと
  3. XR3の耐久性を超えること
評価項目勝 者コメント
反発感XR3弾きの”強さ”でXR3に軍配
ホールド感TGV高いホールド感
スピン性能XR3さほど差が大きいわけではない
テンション維持引き分け今後変わる可能性
切断耐久性XR3今後変わる可能性
コストXR3流通価格は断然安い

爽快高反発のXR3、反発と柔軟性のTGVという評価になります。

とにかくソフトなマルチが好き、ホールド感を求めたい場合はTGVを選んでみてはいかがでしょうか。

インプレまとめ

テクニファイバー TGV1.25)は、特に柔軟性・ソフト感が特徴で、反発感が損なわれていない点がメリットで、存在価値のあるマルチです。

フラットドライブ系、女性、ジュニアにも受け入れられやすそう、そんな印象でした。

さいごに推奨プレイヤーをまとめます。

TGVをおススメしたい人
  • とにかくソフトなストリングを探している
  • あまりストリングを切らない
  • 女性、ジュニア、スイングスピードが早くない人
  • フラット系
  • 手腕にケガの不安がある人
あわせて読みたい
ストリング レビュー一覧 インプレ・レビューしてきたストリングを一覧にし、各レビュー記事へのリンクも貼ってあります。ぜひご参照ください。 随時更新してまいります。 【ナイロン マルチス...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

Contents
閉じる