コンプレッション・サポーター

【コンプレッションウェア】アームスリーブ/アームカバーを使うべき理由とシチュエーション

未経験のテニスギアがあれば、一度は試してみたくなるグッズマニアの私。

敬愛するアドブロさんの記事に影響され、アームスリーブが欲しくなってしまいました。

購入にあたっては、Twitterフォロワーの方々から沢山アドバイスを頂戴し、非常に参考になりました。ありがとうございました。

最終的に、コスト・ブランドイメージ・1本単位で購入できる点を考慮して、『マクダビッド パワーアームスリーブ』を購入しましたので、その使い心地のインプレ、使うべきシチュエーションを紹介したいと思います。

アームスリーブ/アームカバーに期待されるメリット

アームスリーブ各製品のうたい文句にあるように、アームスリーブ/アームカバーには、次のようなメリットがあると考えられます。

  • 保温
  • パフォーマンスアップ
  • 疲労・痛みの軽減
  • 吸汗
  • ファッションとして

テニス界では、おそらくラオニッチが2014年に使い始めたのがその走りで、いまやラオニッチのトレードマークにもなっていますね。そう考えると、テニス界では意外と歴史の浅いギアです。

Embed from Getty Images

マクダビッド パワーアームスリーブとは

製品プロフィール

ブランドマクダビッド(Mcdavid)
製品名M656 パワーアームスリーブ
サイズXSサイズ(上腕周囲約17〜21cm、長さ約36cm)
Sサイズ(上腕周囲約22〜27cm、長さ約40cm)
Mサイズ(上腕周囲約28〜33cm、長さ約43cm)
Lサイズ(上腕周囲約30〜35cm、長さ約46cm)
カラーブラック、ホワイト、スカーレット、ロイヤルブルー、ピンク、ライトブルー(ロゴなしはブラック、ネイビー、ロイヤルブルー、ホワイトのみ)
生産国MADE IN MEXICO(FABRICはMADE IN USA)
価格定価¥1,980、実勢価格¥1,499~(2021.4.29楽天調べ)
製品特徴

●腕全体を適圧サポートするアームスリーブ
●抜群の軽さ・ストレッチ性・フィット性を備えたhDcファブリック
●筋肉のブレ・疲れを抑え、動きを安定化
●ひとクラス上の汗・体温コントロール
●腕をつたう汗を素早く吸収・拡散
●適度なコンプレッションで筋肉の疲労を軽減
●hDc機能搭載(劣化しない吸汗・速乾機能)
●UVカット 99%以上

マクダビッド 製品紹介ページより

サイズ感

上腕(二の腕)の一番太い部分の周囲径でサイズを決めるようです。私の上腕は、伸ばした状態で27.5cmでした。

ちょうどSサイズとMサイズの中間のため少々悩みましたが、着圧が感じられないことは避けたかったため、Sサイズを選択してみました。

結果として、フィット感はSサイズでジャスト!

海外製品のためか、丈が少し長めで、Sサイズでも十分な長さでした。Mにしなくて本当に良かった。

使用感・インプレッション

忖度なし、私なりの1.5時間の使用実感です。

マクダビッド パワーアームスリーブの使用感・インプレッション
  • 腕の付け根の締め付けは割とタイトだが、手首のフィット感がややルーズ
  • つけ心地の不快さ、違和感なし
  • 滑り止め加工なし(それでも特に支障なし)
  • 暑がりの私にとっては、腕全体を覆うスリーブはやや暑い(インドア20℃)
  • 汗止め目的だけならリストバンドで十分
  • 疲労が少ないような感覚
  • 新たな痛みの発生なし、ケガの再発なし
  • NEWグッズを身につけている高揚感はあり

アームスリーブ/こんな使い方が良いかも

そもそもコンプレッションウェア類は、プレーに安心感を与えるための、予防的なサポートギアで、1.5時間の使用では、何か即効性を感じるものではありません。

実際に使ってみた上で、次のような考え方でアームスリーブと付き合うべきだろうと感じました。

  • 寒い時の保温用に
  • 暑い季節には冷感仕様を選択すべき
  • 手腕に違和感を抱えているが、本格的なサポーターをつけるほどではない
  • 手腕に違和感を抱えているが、テーピング・キネシオは面倒くさい
  • 筋疲労が溜まっている時に
  • 暑がりなので、コンプレッションギアは必要箇所だけにとどめたい
  • ケガ予防のためのお守りとして
  • ファッションとして楽しみたい

メーカー・モデルによる形状違いは注意すべきポイント

今回選んだマクダビッドは、有名メーカーで品質も良いものでしたが、私には付け根はタイトで手首がややルーズな形状でした。

皆さんそれぞれの体形・腕の形状の違いもあります。メーカーやモデルによって、フィット感が変わりますので、試着ができればベストではあります。

手首が細いタイプ、太めのタイプ、凹凸のあるタイプ(そんなモデルあるのかな!?)など、ご自身に最適のものが見つかると良いですね!

アームスリーブの選択肢

事前にTwitterでフォロワーの方々へ相談した際、マクダビッド以外にも沢山アドバイスをいただきました。せっかくですので、皆さんが愛用の品をご紹介したいと思います。

ザムスト

コスパ・耐久性抜群、信頼のザムストブランド。1本から購入できる。

2XU

アドブロさんも愛用中。前腕の着圧が最適と好評。デザインも秀逸

Doron

しなやか生地が快適。アクアチタンの効果はいかほどに!?

C3fit

ゴールドウィンのコンプレッションウェアのブランド「C3fit」。カーフスリーブは一般医療機器「弾性ストッキング」に指定される信頼の品質。

ヨネックス

一流国内テニスメーカーの安心感

アルペンオリジナル(TIGRA、IGNIO)

コスパ最高

ワークマンオリジナル

500円切りの格安価格は「とりあえず試してみたい」場合に最適の選択肢。

まとめ

サポーターのひとつ手前の選択肢として、筋疲労の予防効果を求めて、

また、ファッションの一環としても楽しめるアームスリーブ。一度、試してみてはいかがでしょうか。