【コンプレッションウェア】まるで忍者ウェア!?汗による不快感を軽減する不思議なインナー/ミレー ドライナミック™メッシュ(MILLET DRYNAMIC™ MESH)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大汗をかく暑い夏に、どんなウェアを着ていますか?

吸汗素材、速乾素材、生地の織り方など、メーカーの開発力は素晴らしいのですが、猛暑の滝汗でびしょ濡れになったウェアは肌にまとわりつき、身体の動きが邪魔されてかなり不快です。

今回紹介するのは、ウェアの肌へのまとわりつきを軽減するインナー用の網シャツ『ミレー ドライナミック™メッシュ』についてです。

スポンサーリンク
Contents

ミレー ドライナミック™メッシュとは

最初に製品プロファイルです。

ブランド名ミレー(MILLET)
製品名ドライナミック™メッシュ(DRYNAMIC™ MESH)
サイズS-M、L-XL、XXL(海外サイズ)
カラーMEDIUM BLUE、BLACK – NOIR、LIGHT GREY
素材ポリプロピレン66% ナイロン28% ポリウレタン6%
定価¥ 5,060(税込)
生産MADE IN CHINA
メーカー 公式情報「汗」による不快感を少しでも軽減したいと願うすべての人たちへ
「ドライナミック メッシュ」は「汗」による不快感やリスクを解消するために、先人の知恵と現代の技術を融合して開発されました。その特徴は、生地の「厚み」と大きな「網目」にあります。かいた汗は、メッシュの繊維を通り、重ね着した上のウェアへと吸い上げられ拡散。 汗を吸って濡れたウェアは、ドライナミックメッシュの「厚み」によって常に肌から離れているので、肌に濡れた感覚を残さず、ベタつきや、 汗冷えを軽減します。また、通気性に優れた大きな「網目」によって、濡れたウェアも即座に乾燥へと向かいます。
ミレー社公式サイト ドライナミックメッシュ商品紹介ページより

カンタンに言うと、

  1. メッシュ生地が汗を(毛細管現象で)吸い上げ拡散し、ベタツキが生じにくい
  2. 網目の大きいメッシュによって、汗で濡れたウェアと肌が直接触れない=肌へのまとわりつかずベタつかない
  3. 結果として身体を冷やしにくく、疲れにくい可能性がある

このような特性のインナーウェアです。

ドライナミック™メッシュの見た目・着心地をレビュー

非常に目の粗い、そしてやや厚みのあるメッシュ生地で、見た目は本当にスケスケです。まるで忍者が着る鎖カタビラのよう!?

人前でこれ1枚の姿でいるのは、上半身裸でいるよりも恥ずかしいかもしれません笑。

目の粗いデリケートな生地であり、指や爪に引っ掛かってほつれが生じやすいため、脱ぎ着の際は若干注意を要します。

肌触りはソフトで、肌への負担はあまり感じることはないでしょう。

アウトドアスポーツ用のインナーとして開発

開発メーカーのミレーは、登山ウェアやバッグの専門メーカーです。

ドライナミック™メッシュは、元々は登山などの「汗による冷え対策用のウェア」として開発されたことが、公式サイトや製品動画の様子から理解できます。

ミレー ドライナミック™メッシュを着てプレーしてみた

一方でドライナミック™メッシュは、特定のスポーツに使用を限定している訳ではありません。

テニスギアの代理店である「テニック」が取扱いをしていますし、もちろんテニスでも着用可能!この製品の発想がものすごく合理的だと感じて購入してみました。

蒸し暑い日に3時間着用したレビュー

結論から言うと、かなり快適です。

蒸し暑い昼過ぎのアウトドアにて、3時間プレーしてきました。普段以上に滝汗が出る気候ながら、次のようなことが実感されました。

  • 粗めのメッシュ地が、ウェアと肌の間に適度な空間を保ってくれる
  • ドライナミック™メッシュ自体がかなり汗で濡れているが、ウェアとくっつかない
  • ウェアが肌にまとわりつかないので不快感がない
  • ウェアが濡れる面積が普段よりも少ない(吸汗速乾性が高い!?)

プレー中に、ドライナミック™メッシュ自体はかなり汗で濡れますので、時折直接タオルで拭いてやる方が、よりドライな感触を持続できると思いました。

まとめ

ドライナミック™メッシュは、汗をかきやすい暑い季節に、テニスウェアを快適に保ってくれる機能性インナーです。

肌へのまとわりつきを軽減、汗による冷え・体力消耗を軽減する可能性があるため、汗かきテニスプレーヤーにとっては強い味方になってくれそうです。

今年の夏場の試合では、私はこれを着ようと思います!

半袖、長袖、ボクサータイプのショーツ等もラインアップされています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

Contents
閉じる