【ストリング】最高のマルチを探す旅その18/プリンス エンブレムタッチSF17(EMBLEM TOUCH SF 17)のインプレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

XR3を基準としたマルチフィラメントのインプレ”18本目は、

プリンス エンブレムタッチSF17(EMBLEM TOUCH SF 17)です。

一言で表すなら、マイルドさと高反発が両立された、ナチュラルストリング寄りの高性能マルチストリングです。

あわせて読みたい
【インプレの参考に】私はこんなプレイヤー インプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品インプレを参考にしていただく際に...
スポンサーリンク
Contents

プリンス エンブレムタッチSF(EMBLEM TOUCH SF)の特徴・スペック

2020年11月に新発売された、プリンス エンブレムシリーズの1本であるエンブレムタッチSFの製品プロフィールです。

メーカー プリンス(PRINCE)
製品名 エンブレムタッチSF(EMBLEM TOUCH SF)
ゲージ 17G:1.25mm、16G:1.30mm
カラー ナチュラル、ブラック、ピンク(17Gのみ)、ブルー(16Gのみ)
素材 高弾性マルチフィラメント+シリコン特殊コーティング
特徴 厚目のシリコンコーティングによってマイルドさと反発感を付与
製造国 MADE IN JAPAN
発 売 2020年11月
価格情報 定価¥3,850(税込)、市価最安値¥2,600+送料(2021.1時点)
うたい文句

新開発の高弾性マルチフィラメントとシリコン特殊コーティングの組み合わせで高反発と高いホールド性を実現。通常~ゆっくりなスウィングではよく飛び、ハードヒット時はホールドするプレーヤー待望のストリングス。

 プリンス エンブレムタッチSF17(EMBLEM TOUCH SF)のインプレ

【セッティング】

 PRINCE TOUR 100P(18×20)

 50ポンド、1本張り

約2時間打ってきました。★点数です。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

「ソフトさ」と「反発感」をうまく両立できた、心地よいマルチストリング

です。

基準ストリングであるXR-3の評価も記載します。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

エンブレムタッチSFは、マイルド系です。ただしボヤけたマルチでは決してなく、しっかり心地よい反発感も表現されているところが素晴らしいです。

メーカーは「ゆっくりなスウィングではよく飛び、ハードヒット時はホールドする」と言いますが、あながちウソではない気がします。

反発感

上述してしまいましたが、反発感はかなり心地よく感じます。ストリング自体にパワーがあります。

これがシリコンパワーなのでしょうか!?

ホールド感

マイルドにホールドしてくれるため、ボレーやスライスなどのコントロールが非常にしやすいです。

マルチストリングの良さをしっかり表現できています。

スピン性能

ストリングの滑りが良いのは最初だけで、すぐにギシついて動かなくなります。スナップバックは少な目ですが、これはマルチとしてはごく普通のレベルです。

マルチとしてのスピン性能は及第点(ほどほど)です。

テンション維持性能

50ポンドで張り上げ、面圧は53.8ポンドとしっかり張り上がりました。

2時間使用後の初期テンション低下は1.9ポンドで、初期テンション維持はかなり良かったのですが、そこからのテンション低下がかなり大きい結果に…

4日目の3時間で5ポンド近く下がるのは、マルチとしては決して良い方ではなさそうです。今後も継続して観察していきたいと思います。

  • 張り上げ当日 約2時間使用後 51.9ポンド ▲1.9ポンド、▲3.5% 
  • 張り上げ4日後 約3時間使用後 48ポンド ▲5.8ポンド ▲10.8% ややテンション低下が大きい
  • 張り上げ14日後 約4時間使用後 47.3ポンド ▲6.5ポンド ▲12.1% 下げ止まり状態突入!?
  • 張り上げ24日後 約6時間使用後 46.3ポンド ▲7.5ポンド ▲13.9%
  • 張り上げ36日後 約7時間使用後 45.7ポンド ▲8.1ポンド ▲15.1% 

耐久性(切断耐久性)

ヒッティング2時間程で、かなりのキシミがあります。ある程度ノッチもあり、切断耐久性は少し厳しいかも知れません。

メーカーも「耐久性よりもソフトな打感を」と言ってるように、あまり耐久性が売りではなさそうです。今後も経過を追っていきます。

切断後の修正評価

切断後に追記します。

コスト

2021年1月時点で、定価はXR3より900円高の¥3,850と、かなりの高級マルチです。

流通価格もまだ高止まりで、最安値が¥2,600+メール便送料ていどです。200mロールもなく、現在は単張りのみの販売のため、安く張り上げることは困難な状況です。

今後、もう少しこなれてくれることを期待します。

ホームストリンガー視点での感想

適度なハリがあり、表面はサラサラしており、

ホームストリンガーにとっては、非常に張りやすいマルチでした。

表面のコーティングはややパールホワイト気味

XR3と比較して

この検証はXR3を基準に以下の視点で採点をしています。

  1. XR3のコストとそん色ないこと
  2. XR3の打感に劣らないこと
  3. XR3の耐久性を超えること
評価項目勝 者コメント
反発感XR3僅差でXR3
ホールド感SFソフトさは軍配
スピン性能XR3表面の潤滑性の分XR3勝利
テンション維持XR3SFは初期テンション低下大きい
切断耐久性SF今後変わる可能性
コストXR3定価・流通価格ともに圧倒的に安い

それぞれ良さがあるのですが、ホールド性重視ならSF、弾き・爽快感重視ならXR3となりそうです。

XR3をもう少し粘っこい、ホールド感のあるストリングに変えたい、なんて時に候補にできるストリングです。

ただし、お値段はかなり高級です。

インプレまとめ

プリンス エンブレムタッチSF17(EMBLEM TOUCH SF17)は、ソフト・マイルドながら、心地よい「反発感」も兼ね備えたマルチストリングです。ナチュラルストリング寄りの高性能マルチと言えるでしょう。

さいごに推奨プレイヤーをまとめます。

エンブレムタッチSFをおススメしたい人
  • ナチュラルテイストを求める人
  • マルチはホールド感が重要
  • ボヤけたマルチは嫌い
  • コントロール系・タッチ系
  • フラットドライブ系
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

Contents
閉じる