【ストリング】最高のマルチを探す旅その21/ゴーセン AKコントロール(GOSEN AK CONTROL 17GA/1.24mm)のインプレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

XR3を基準としたマルチフィラメントのインプレ”21本目です。

今回は、GOSENの海島型シリーズから、AKコントロール(GOSEN AK CONTROL 17GA/1.24mm)を試してみました。

一言で表すなら、あっさりさっぱりクセのない、身体に優しい特殊マルチ(?)です。

あわせて読みたい
【インプレの参考に】私はこんなプレイヤー インプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品インプレを参考にしていただく際に...
スポンサーリンク
Contents

ゴーセン AKコントロール(GOSEN AK CONTROL 17GA/1.24mm)の特徴・スペック

最初に、製品プロフィールです。

メーカー ゴーセン(GOSEN)
製品名 AKコントロール(AK CONTROL)
ゲージ 17GA:1.25mm、16GA:1.30mm
カラー ホワイト
素材 特殊海島型複合糸、耐摩耗性特殊海島型複合糸、ポリウレタンコーティング
製造国 MADE IN JAPAN
価格情報

定価12.2m¥2,420税込

市価最安値12.2m\1,637 送料込(2021.3時点)

うたい文句

19島複合構造採用でソフト感とコントロール性を高次元で実現。

GOSEN 公式サイト 製品紹介ページより

ゴーセン AKコントロール(GOSEN AK CONTROL 17GA/1.24mm)のインプレ

【セッティング】

 PRINCE TOUR 100(16×18)

 52ポンド、ゴーセン張り

約1.5時間打ってきました。★点数です。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

張り上がりの面圧がかなり高く出たにも関わらず、外周も、中身もかなりソフトな仕上がり。打ち心地はアッサリ淡泊系で、クセがありません。

ゴーセンの海島型ストリングは、モノでもなくマルチでもなく(複数糸を束ねたという意味ではマルチ)、その多用な構造によって、様々な打感のストリングがラインアップされています。AKコントロールは、海島型の中では比較的廉価で、入門用の位置づけ。

メーカー公式ページの点数表では、オールラウンド=突出した特徴を持たせていない傾向が見受けられます。なるほど、実際に打った印象もその通り。反発・スピンともに悪くはないが突出はしない。クセがないストリングです。

余談ですが、このストリングのニオイ、高校生の頃によく使っていた懐かしいミクロスーパーのニオイ(絵の具のようなニオイ)にそっくりで、郷愁の念にかられました笑。

基準ストリングであるXR-3の評価も記載します。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

各性能のインプレを紹介していきます。

反発感

一応マルチの分類に入れるとして、反発感は平均的です。かなり弾力のある糸なのですが、特別にぶっ放してくれる=高反発な感覚ではありません。

ホールド感

この糸を表現する上で、単に柔らかいだけでは表現できない部分があります。

おそらく構造的な工夫、ポリウレタンコーティングによって、糸そのものに弾力性がかなり付与されています。張り上がり面圧がかなり高く出るし、手で弾いた感じではかなり硬いにもかかわらず、ボールを打つとものすごく柔らかなホールド感を感じるのです。

面圧と打ち心地がリンクしないのは、かなり不思議でした。

グッとくわえ込む感触が好きな方にはマッチしそうですよ。

スピン性能

最初は、糸がよく動いていましたが、糸が柔らかいため表面コートは荒れやすく、キシミが発生します。糸の滑りはすぐに悪くなります。

結論として、平均的なレベルです

テンション維持性能

52ポンドで張り上げ、面圧は56.9ポンドとかなり高く出ました。

張った翌日に1.5時間使用後、初期テンション低下は2.4ポンドはかなり優秀です。初期テンション維持は、非常に高いレベルです。

これだけソフトな打感でありながら、面圧は高い、そしてそれを維持してくれる。この点はかなり不思議な糸だと思います。

  • 張り上げ直後 56.9ポンド
  • 張り上げ当日 約1.5時間使用後 54.5ポンド ▲2.4ポンド、▲4.2% 
  • 張り上げ7日後 約3.5時間使用後 52.2ポンド ▲4.7ポンド、▲8.3%

耐久性(切断耐久性)

ヒッティング1.5時間での、キシミとノッチは強めです。特にノッチははっきりと確認できます。

表面にボールの毛羽もつきますし、メーカー自身も耐久性は低い点数にしていますので、その通りと言えそうです。

今回、1週間3.5時間使用の状態で、かなりノッチが深く、いつ切れてもおかしくない状況に。試合直前だったため、自然に切れるのを待たずに張り替えてしまいましたので、検証は途中終了となりました。

コスト

2021年3月時点で、定価はXR3より安い¥2,200(税抜)。ただし、ロールがないためカット品の入手はできません。

楽天市場での最安値は、\1,637(送料込)ですので、ナイロンとしては割安感のある糸です。

ホームストリンガー視点での感想

適度なハリと柔軟性、モノフィラメント感覚で、非常に張りやすいストリングでした。

XR3と比較して

この検証はXR3を基準に以下の視点で採点をしています。

  1. XR3のコストとそん色ないこと
  2. XR3の打感に劣らないこと
  3. XR3の耐久性を超えること
評価項目勝 者コメント
反発感XR3爽快さは上
ホールド感AKコントロール芯がない分ややソフト
スピン性能XR3XR3は糸の滑りが実は結構良い
テンション維持引分け?
切断耐久性引分け?どちらも期待できず
コストXR3流通価格はとにかく安い

XR3よりも、もっとあっさり淡泊で、ホールド感は良いが、やや爽快な反発感に欠けます。

XR3よりも、もっとソフトなホールド感を求める場合は、良い選択肢になりそうです。

インプレまとめ

ゴーセン AKコントロール(GOSEN AK CONTROL 17GA/1.24mm)は、クセが少なく、ソフトなホールド感、テンション維持に優れる、身体に優しそうなストリングでした。

さいごに推奨プレイヤーをまとめます。

AKコントロールをおススメしたい人
  • ソフトかつクセが少ないストリングに興味あり
  • 突出した性能はいらない
  • テンション維持は重要
  • 子供・女性・ベテランに
  • 普段あまりストリングを切らない
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

Contents
閉じる