WEB site for tennis lovers

【グリップテープ】最高のドライグリップ『パシフィックXTRグリップ』からの代替え可能!!【TENNIS Trip(テニストリップ)】オリジナル製品 DRYオーバーグリップテープ

当ページにはPRや広告が含まれています。

ドライグリップ最高峰(個人的見解)の『パシフィックXTRグリップ』が入手困難となり、ここしばらくはKPIオリジナルドライを使用してきました。しかし、そのグリップも現在品切れ状態が続き、入手困難に…。

そんな折、Twitterで相互フォローしていた、千葉県市川市にあるストリングショップ【TENNIS Trip(テニストリップ)】が、KPIオリジナルドライに近いビジュアルのグリップを販売していることを発見。

早速取り寄せて、プレーしてきました。

KPIのオリジナルドライと同等、XTRの質感にも似ていて、素晴らしいドライグリップでした!

あわせて読みたい
【グリップテープ】人にあまり教えたくない最高のドライグリップ|PACIFIC XTR GRIP 2020年9月1日追記 少し前にドライグリップのメリット、そしてドライグリップの基準であるトーナグリップをご紹介しました。 https://tennisenjoy.com/bestdrygrip1 これ...
Contents

”XTR GRIP”は如何に最高だったのか!?

XTRグリップの特徴

”PACIFIC XTR GRIP”がいかに素晴らしかったのか。改めて特徴を紹介します。

XTRグリップの特徴
  • サラサラとしたドライながら、ものすごくグリップ力がある
  • 薄すぎず厚すぎず適度な厚み
  • 硬めの弾力感
  • レザーグリップとの相性がよい(角が出やすい)
  • 吸汗性に優れ、汗で濡れてもグリップ力維持に優れる
  • 耐久性が極めて高い
  • 価格は高い
  • 色がブルー、オレンジの2色のみ
  • 取り扱い店舗が少なく流通量が少ない(2020.9時点国内1店舗)

元々取り扱い店舗がとても少なく、価格も高止まりでした。そして、XTR GRIPの販路は現在途絶えたまま…入手不可能になりました。

XTR近似製品も次々と品切れに

その後は、XTRに比較的質感が近い『ホライズン ストロンググリップ』を使用していましたが、このグリップも安定供給には程遠い状況(2023年7月1日時点ではピンクのみ入手可能)。

その後発見した、KPIオリジナルドライも、現在は品切れの状態が続いています。

あわせて読みたい
【グリップテープ】謎のドライグリップ/ホライズン ストロングドライ(HORIZON STRONG DRY) 今夏、ドライグリップと吸汗性ドライグリップのレビューを続けてきました。比較的手に入りやすい商品という条件では、そろそろ出そろった感じです。 最後にあまり名の知...
あわせて読みたい
【グリップテープ】XTRグリップ難民にささぐ!!XTR代替の最有力『KPI オリジナルドライグリップ』|KPI... 個人的に、最高のドライグリップと断言しているパシフィックXTRグリップが、国内流通が途絶え、入手困難になってしまいました。 質感、ドライ度、耐久性、全てで素晴ら...

TENNIS Trip(テニストリップ)DRYオーバーグリップテープのプロフィール

製品名DRYオーバーグリップテープ
サイズ1100×27×0.6mm
カラーブルー
素材ポリウレタン、不織布
製造国MADE IN CHINA
定価6本セット:1,870円 (税込・送料込)
3本セット:1,100円 (税込・送料込)

※2023年7月1日時点
取扱店の説明

*刻印や印刷無(フィニッシングテープ無地黒)
「吸収性」「耐久性」が良く、ドライなのにしっとりしたフィーリングを実現。

TENNIS Tripオンラインショップ 製品紹介ページより

TENNIS Trip(テニストリップ)DRYオーバーグリップテープはKPI オリジナルドライと同等/XTR代替候補として十分!!

早速使ってきました!

XTRのサイズは「厚さ0.55mm、幅26mm(実測)、長さ110cm(実測)」、KPIオリジナルドライは「厚さ0.6mm、幅27mm、長さ105cm」、テニストリップは「厚さ0.6mm、幅27mm、長さ110cm」とそれぞれ若干異なります。

またテニストリップDRYは中国製なのに対し、XTRとKPIは台湾製であり、そもそも製造工場が違うことは間違いなさそう。

ですが、見た目的には、テニストリップDRYとKPIオリジナルは、色も質感も同等品と言って差し支えない製品です。XTRと比較して若干柔らかくフカフカしているところもKPIにそっくり!

性能的には、ドライなのに強力なグリップ感が素晴らしく、XTRとも十分に勝負できる製品でした。

唯一、テニストリップDRYはカラーラインアップがブルーのみです。

テニストリップDRYは、価格的にはXTRよりは安く、KPIよりは高め。ただ、6本パックで購入すれば1本あたり312円ですので、市場に出回るグリップテープと比較して常識的な価格設定です。

TENNIS Trip(テニストリップ)DRYオーバーグリップテープは実店舗とネット通販で購入可能

入手あたっては、実店舗かBASEのオフィシャルオンラインショップで購入が可能です。また、送料込み価格なのも嬉しいところ。スマートレターにて発送してくれるので安心です。

ストリング・ガット張替え専門店(テニスショップ)~STRING STAND~【TENNIS Trip】
■ 住  所:  〒272-0814 千葉県市川市高石神39-12-101
■ T E L:  047-718-2737(FAXあり)
■ 営業時間: ≪火~金≫13:30~19:30 ≪土日≫10:30~19:30
■ 定 休 日 : 毎週月曜日、その他休業日あり
■ URL:https://tennistrip2020.com/

さいごに

TENNIS Trip(テニストリップ)DRYオーバーグリップテープは、”XTR  GRIP”ロス状態にあるドライグリップユーザーの強い味方となる製品です。

コロナ禍においても、供給面は問題なかったようで、現時点では在庫も確保されているそうです。

ドライグリップ難民の皆さん、ぜひ一度お試しください。

あわせて読みたい
オーバーグリップ レビュー一覧 オーバーグリップテープのレビューリストです。 各インプレ・レビュー記事へのリンクも貼ってあります。 【ドライグリップ】 商品名特徴耐汗性能・グリップ力トーナグリ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

Contents