【ストリング/インプレ・レビュー】ベテランにマッチするポリエステルを探す⑮/ゴーセン エッグパワー17(GOSEN EGGPOWER)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベテランにもマッチしそうなポリ系のストリング探しシリーズ

15本目は『ゴーセン エッグパワー17(GOSEN EGGPOWER)』ですが、10年以上に渡って売れ続けている、ベストセラーのポリエステルです。

ポリツアープロやG-TOUR3などのモッチリ系ソフトストリングよりは、やや打ちごたえがあるソフトポリでした。

あわせて読みたい
【インプレの参考に】私はこんなプレイヤー インプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品インプレを参考にしていただく際に...

エッグパワーは「ソフトながら、やや打ちごたえと反発感のある、守備範囲の広い1本」でした。

スポンサーリンク
Contents

ゴーセン エッグパワー17(GOSEN EGGPOWER)の特徴・スペック

製品のプロフィールです。

メーカー ゴーセン(GOSEN)
製品名 エッグパワー(EGGPOWER)
ゲージ 1.22mm~1.24mm(17G)/1.30mm~1.32mm(16G)
カラー レッド、ブラック、イエロー(17Gのみ)、オレンジ(16Gのみ)
素材 共重合ポリエステルモノフィラメント、特殊加工
特徴

憧れのエッグボールを手に入れろ!世界初の独自形状が超攻撃型ボールを生み出す!

GOSEN公式サイトより

発売年 2010年
製造国 MADE IN JAPAN
価格情報

12.2m:¥3,190(税込)
200mロール:¥38,280(税込)

最安価格12mカット品:960円 +送料250円~、200m:15,800円 送料無料~

※2021.8.2楽天調べ

USRSA(全米ストリンガーズ協会)機関誌RSiの評価でも 各項目平均評価3.53/5.00を獲得(9位 / 166機種中)

GOSEN公式サイトより

発売されてから11年経過している、非常に信頼感のあるストリングです。

多角形ポリとは異なる発想で、楕円断面かつらせん状の凹凸加工を施すことで、スピン性能向上を狙ったポリエステルストリングです。

私は今回、ブラックの17G(1.22mm~1.24mm)を試しました。

ゴーセン エッグパワー17(GOSEN EGGPOWER)のインプレ

【セッティング】

 PRINCE TOUR 100(16×18)

 50ポンド、プレストレッチ5%、1本張り(ゴーセン張り)

マルチとの違いもしっかり確認するために、セッティングは大きく変えず、マルチで張る時のマイナス2ポンドの50ポンドにしています。

さて、約4.5時間打った★点数です。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
コスト(市価)
総合点
打感硬さ

間違いなくソフトポリではあるのですが、特に張りたてのしばらくは、割と打ち応えがあると感じました。最近モッチリとしたソフト系ポリを、連続して試していた影響は否定できません笑。

過剰ではない程度に、球持ちも、スピン性能も良い。

エッグパワーは、やや打ち応えのあるソフトポリ。球持ち感と反発感をバランスよく体現した、スピン性能に優れるポリストリングです。

ポリエステルの入門用としても、ある程度スイングスピードのある人にも対応できそうな、総合力の高さが売りでしょう。

詳細を以下報告します。

打感(反発・ホールド)

打感は、ハードではないのですが、初期はやや打ちごたえを感じます。

しかしながら、決してハードではなく、ソフトポリのメリットである球持ちの良さも感じます。そして反発はほどほど。決して鈍いストリングではありません。

スピン性能との天秤ではありますが、スイングパワーがややスピンに向くせいか、少し飛距離が出ない感覚がありました。

ややデメリットなのが、テンション維持性の悪さから、打感の変化が大きい点。わずか数時間で大きくテンションは落ち、球持ちが強調されるような変化をしていきます。

スピン性能

凹凸加工されていますが、糸の滑りも良く、スピンの掛かりが良いと感じます。

思い切って振ったストロークでもしっかりベースラインに収まってくれる感覚でしたし、相手前衛に対して沈める際のチョリチョリ系スピンでも、非常によく掛かってくれました。

テンション維持性能

50ポンドで張り上げ、張り上がりの面圧は54.4ポンドと非常にしっかりテンションが出ました。

張った当日に延べ3時間使用し、6.1ポンド低下、3日後にさらに1.5時間使用し、当初比9ポンド低下しました。テンション維持は決して良いとは言えないレベルです。

今後の経過も追っていきます。

  • 張り上げ直後 54.4ポンド
  • 張り上げ当日 3時間使用後 48.3ポンド ▲6.1ポンド ▲11.2%
  • 張り上げ3日後 4.5時間使用後 45.4ポンド ▲9ポンド ▲16.5%
  • 張り上げ26日後 8時間使用後 45.7ポンド 下げ止まり

コスト

2021年8月2日時点で、最安価格12mカット品:960円 +送料250円~、200m:15,800円 送料無料~です。

定価の割に、すでに流通価格がこなれているのは、売れているストリングの証でもあります。コストパフォーマンスは最高レベルと言っても過言ではありません。

ホームストリンガー視点での感想

表面形状のためか指への引っ掛かりも良く、それでいて滑りが良いため、比較的張りやすい糸でした。

インプレまとめ

ゴーセン エッグパワー17(GOSEN EGGPOWER)は、ソフトポリながら初期にはやや打ちごたえがあるのが特徴。テンション維持はあまりよろしくなく、球持ち感の強い打感への変化が早いです。

スピン性能が秀逸で、総合力はかなり高め。様々なプレーヤーに対応できそうな守備範囲の広さもありそうですよ!

あわせて読みたい
ストリング レビュー一覧 インプレ・レビューしてきたストリングを一覧にし、各レビュー記事へのリンクも貼ってあります。ぜひご参照ください。 随時更新してまいります。 【ナイロン マルチス...

推奨プレイヤーをまとめます。

エッグパワーをおススメしたい人
  • ハード過ぎずソフト過ぎないポリを探している
  • スピン性能重視
  • ポリエステルの基準、入門用として
  • コスト重視
  • プレーヤータイプはあまり選ばないかも!?
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

Contents
閉じる