ストリング

【ストリング/インプレ・レビュー】ベテランにマッチするポリエステルを探す⑩/プリンス ハリアーレスポンス17(HARRIER RESPONSE)

ベテランにもマッチしそうなポリ系のストリング探しシリーズ

10本目は、『プリンス ハリアーレスポンス17(HARRIER RESPONSE)』です。

少し変わったハイブリッド構造のこの1本。楽しみに試打してきました。

「爽快に飛ばしてくれる反発感、振動吸収に優れるのにボヤけていない、スピン・コントロールにも優れる超おススメポリストリング」です

プリンス ハリアーレスポンス17(HARRIER RESPONSE)の特徴・スペック

まずは製品のプロフィールです。

メーカープリンス(PRINCE)
製品名ハリアーレスポンス(HARRIER RESPONSE)
ゲージ1.25mm、1.29mm
カラークリアグレー、 クリアホワイト、レッド
素材PET・PBT・PE・エラストマー
特徴

2種類以上の素材を複合させたコンポジットストリングスシリーズ。1本の中にハイブリッド機能を持たせ、それぞれの素材の特徴を引き出しデメリットを軽減させた次世代ストリングス。
エラストマー樹脂を搭載したコンポジットストリングス。ハードヒット時はポリのようにボールを潰せ、ソフトタッチ時にはホールドして飛ばしてくれる新テクノロジーストリングス。

PERFORMANCE INDEX
パワー:9.5 ソフト:9.5 スピン性能:9.5 耐久性:7.0

グローブライド社 プリンス公式サイト 製品紹介ページより

製造国MADE IN JAPAN
発売開始2021年3月下旬
価格情報

12.2m:¥2,970(税込)
200m(リールタイプ):¥41,500(税込)

最安価格12mカット品:1,700円 +送料260円 ~、200m:22,860円 送料無料~ ※2021.6.6楽天調べ

この糸は、非常に特徴的なハイブリッド構造です。糸の真ん中に、衝撃吸収素材”エラストマー樹脂”が配置されると表記されていますが、エラストマーとは弾性を持った高分子物質の総称のこと。

ですので、芯材の素材名は明らかではありません。企業秘密でしょうか!?

ちなみに私は今回1.25mmを試しました。

プリンス ハリアーレスポンス17(HARRIER RESPONSE)のインプレ

【セッティング】

 PRINCE TOUR 100(16×18)

 50ポンド、プレストレッチ5%、1本張り(ゴーセン張り)

マルチとの違いもしっかり確認するために、セッティングは大きく変えず、マルチで張る時のマイナス2ポンドの50ポンドにしています。

さて、約1.5時間打った★点数です。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

まずその見た目ですが、透明感がある光沢のある外層、パール掛かったように見えるホワイト色が美しく、普通のポリ系とはビジュアルが明らかに違います。

張り上げ時は、ポリエステルにもかかわらず、やや柔軟性があるため非常に張りやすい。この糸は、明らかに普通とは違う!

その打ち心地は、

衝撃が少ないのに心地よい爽快な打感!

その心地よさは特筆できるレベルです。ストリングの感触詳細を、以下報告していきます。

打感(反発・ホールド)

一般的にポリエステルストリングの場合、高反発は硬めの糸であるケースが多いですが、ハリアーレスポンスは柔軟なのに爽快な反発感。すごく不思議でした。

反発感とホールド感をうまく両立してくれていて、ものすごくバランスに優れている。バランスに優れつつ凡庸でもなく、よく飛ばしてくれる感覚でパワー出力高めなのです。

素材と構造的な工夫のためか、モチっとハリのあるような柔軟性もあって、総じて心地よいのです。

「ハードヒット時はポリのようにボールを潰せ、ソフトタッチ時にはホールドして飛ばしてくれる」!?

メーカーのうたい文句では、スイングスピードによって打感が変わる、という表現がされています。

反発感とホールド感の両立という意味では、これはあながち間違いではないかも知れません。

スイングスピードによって打感が変化するというのは、ヘッドユーテックシリーズのラケットに用いられた「D3O™」を思い起こさせます。D3O™は強いインパクトに対して硬化し、ゆっくりしたインパクトでは柔らかさを保つ「賢い素材」とされていました。

そして、キャッチフレーズ”#賢いストリング”のルキシロン スマートも、「強いインパクトでは硬くなってパワーを発揮し、柔らかなスイングではソフトタッチを実現する」性質を変化させるストリングとして知られます。私も打った事がありますが、確かに柔らか高反発で不思議なストリングでした。

このような、最先端素材の活用や、複合素材を用いた工夫によって、新たな性質が付与される。メーカーの開発力には、本当に感心させられます。

ハリアーレスポンスも、メーカーの気合のこもった素晴らしいストリングに仕上がっていると素直に感じました。

スピン性能

光沢のある表面はツルツルすべすべで、滑りが良好でスナップバックも大きく感じ、しっかり振るほど良いスピンが掛かってくれることを実感します。

自分のイメージ通りにスピンコントロールが上手くいく印象です。

ただ、表面層はあまり強くはないようで、1.5時間インドアの使用でも少しキシミが生じていました。この辺りが、ナイロンっぽいなぁと思わされる部分でした。

テンション維持性能

50ポンドで張り上げ、張り上がりの面圧は50.9ポンド。

張った当日に1.5時間使用し、4.1ポンドのテンションロス。ポリとしては標準的でしょう。

  • 張り上げ直後 50.9ポンド
  • 張り上げ当日 1.5時間使用後 46.8ポンド ▲4.1ポンド ▲8.1% やや表面層にキシミが生じている
  • 張り上げ7日後 5時間使用後 44.7ポンド ▲6.2ポンド ▲12.2%

コスト

2021年6月6日時点で、最安価格12mカット品:1,700円 +送料260円 ~、200m:22,860円 送料無料~ です。

まだ発売間もない商品であり、流通価格もまだまだ高止まりです。ポリ系ストリングとしては高級な部類であることは間違いありません。

ホームストリンガー視点での感想

ポリエステルとしては、柔軟性を感じ、張りやすい一本でした。

インプレまとめ

プリンス ハリアーレスポンス17(HARRIER RESPONSE)は、爽快・柔軟・高反発を、かなり高次元で実現してくれた優秀なポリ系ストリングです。

ハゲ打ちにも、タッチ系にも応えられる、オールラウンドな性能が魅力の『試す価値のあるストリング』と断言します。

ストリング レビュー一覧インプレ・レビューしてきたストリングを一覧にし、各レビュー記事へのリンクも貼ってあります。ぜひご参照ください。 随時更新してまいります...

推奨プレイヤーをまとめます。

ハリアーレスポンスをおススメしたい人
  • 硬いポリ、柔らかすぎるポリが苦手
  • 爽快感重視
  • ポリ系の衝撃は好まない
  • ナイロン感覚のポリを探している
  • ポリエステルストリングの最初の1本として
  • オールラウンドなプレースタイルに対応