【グリップテープ】汗にも強い!日本製のフワッと柔らかなウェットグリップ|Toalson ULTRA GRIP(ウルトラグリップ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久しぶりに新しいグリップテープを使いました

今回紹介するのは、トアルソンのウルトラグリップ。柔らかい握り心地で汗にも強い、信頼の日本製のグリップテープでした!

あわせて読みたい
オーバーグリップ レビュー一覧 オーバーグリップテープのレビューリストです。 各インプレ・レビュー記事へのリンクも貼ってあります。 【ドライグリップ】 商品名特徴耐汗性能・グリップ力トーナグリ...
スポンサーリンク
Contents

今回試すのはトアルソン ウルトラグリップ

トアルソンウルトラドライはウェットグリップで、同じトアルソンのクイックドライグリップよりも低価格。

どのような特徴があるのでしょうか?

まずは、製品プロフィールです。

メーカートアルソン(Toalson)
製品名ウルトラグリップ(ULTRA GRIP) ※ウェットタイプ
サイズ厚み 0.5mm × 幅 27mm × 長さ 1.150mm
ロングサイズラケット対応
カラーブルー / レモンイエロー / ホワイト / ブラック / アップルグリーン / バイオレット / レッド
素材ポリウレタン、不織布
製造国MADE IN JAPAN
定価1本入り:¥297(税込み)
3本入り:¥825(税込み)
メーカーうたい文句

オーバーグリップ <上巻き用グリップ>
ウェットタイプ!!
トッププロからビギナーまで幅広くお勧めできるオーバーグリップです。 手のひらに心地良くしっくりくるソフトフィット感。Toalson社 Webサイトより

プロフィールを見る限り、ものすごく特徴がある印象は受けませんが、比較的低価格設定なところは好感が持てます。

あわせて読みたい
【グリップテープ】女王グラフが愛したウェットグリップ|Toalson QUICK DRY GRIP(クイックドライグリ... 現時点ではパシフィックのXTRグリップを最高のグリップと位置付けていますが、よりよいグリップテープの探求は続けています。 今回、トアルソンのクイックドライグリッ...

ウルトラグリップのインプレッション

インドアで4レッスン約6時間、アウトドアにて3回8時間、計14時間ほど使ってきました。

感想と特徴です。

クイックドライグリップの特徴
  • ベタっとした強めのグリップ力
  • 0.5mmの割にやや肉厚でフワッとソフトな握り心地
  • 大汗をかいたり、雨まじりのアウトドアテニスでも滑りにくい
  • 低価格
  • 流通量は多い
  • カラーが豊富
  • 伸縮性が良好
  • ロンググリップ対応のため非常に長い
  • 非常に高耐久性

割と安めのノーマルウェットグリップで、正直なところあまり期待していなかったのですが、使った結果は悪いところが見当たりません。

もちろん一般的なドライグリップと比較すると、濡れた時のヌメリはやや感じるものの、それでも雨のアウトドアテニスでも、タオルで拭きながらであれば十分使えました。

クイックドライと言い、このウルトラグリップと言い、トアルソンのウェットグリップは本当に品質が素晴らしい。

ウルトラグリップは、汗かきが夏場でも十分使えるウェットグリップです!

耐久性:14時間使用後

14時間使用し、さすがに汚れは付着しますが、削れや剥離は発生していません。

汗を沢山吸ったので、グリップ力は低下していますが、見た目には問題ないレベルを保っています。かなり耐久性に優れています。こんなにソフトでフワッとしたグリップなのに!

まとめ

ウルトラグリップは、大汗かきが、夏場でも十分に使えそうな、滑りにくいウェットグリップでした

ドライグリップ好きの私からしても、このグリップの優秀さを実感できました。

トアルソンのグリップテープは信頼の日本製なだけでなく、こだわりの自社工場製(大分県杵築市の大分工場製)でもあります。

もし新しいウェットグリップを探している方がいれば、ウルトラグリップも一度は試してみては如何でしょうか。

あわせて読みたい
オーバーグリップ レビュー一覧 オーバーグリップテープのレビューリストです。 各インプレ・レビュー記事へのリンクも貼ってあります。 【ドライグリップ】 商品名特徴耐汗性能・グリップ力トーナグリ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

Contents
閉じる