ストリング

【ストリング】最高のマルチを探す旅その⑫/バボラ ブリオ125のインプレ Babolat Brio125

XR3を基準としたマルチフィラメントのインプレ”12本目は、マルチの基準ストリングとして名高い、『バボラ ブリオ125』です。

一言で表すと、ちょうど良いバランス派マルチストリングです!

【インプレの参考に】私はこんなプレイヤーインプレを見る場合に、どんなレベルでどんなプレイスタイルの人が語っているかはとても重要な情報です。 当ブログで語られている製品イン...

バボラ ブリオ125のスペック

ポリウレタンを配合せず、純粋にナイロンで勝負している、バボラ ブリオ125です。

このストリングは、敬愛する先輩ブロガー”TRUEMAN”さんの”アドバンテージブログ”でも紹介されているように、ストリング選びの基準として位置付けられる、ロングセラー製品です。

今回あえてインプレに挑んでみます。

まずは、バボラ ブリオのプロフィールです。

メーカーバボラ(Babolat)
製品名ブリオ(Brio)
ゲージ1.25mm、1.30mm、1.35mm
カラーナチュラル
素材ポリアミド(ナイロン)
構造・特徴中心の太いマルチ束を、8つの細めのマルチ束が囲む”工夫された構造”
製造国MADE IN FRANCE
定価単張り2,200円+税(12m)                   ロール29,500円+税(200m)
メーカーうたい文句

ブリオならではのソフトで軽快な打球感を変えることなく、優れた耐久性を実現。多くのファンに愛され続けているベストセラーストリング。 Babolat社WEBサイトより

バボラ ブリオ125のインプレ

PRINCE TOUR 100P(18×20)

51ポンド、1本張りで張り上げました。

延べ3時間打った後の☆点数です。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

マルチにしては柔軟性は低目、マイルド過ぎず硬すぎず

抑えめの弾力感によって思い切って打てるマルチ

こんな印象です。

さて基準ストリングであるXR-3の評価も記載します。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
耐久性(切断耐久性)
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

粘りつつ、爽快な反発が売りのXR3とは明らかに性格が異なるブリオです。

反発感

ソフトで軽快というメーカーの売りとは、少し違う印象。

マイルドさが売りのマルチストリングの中では、硬めに位置するマルチで、おそらくコーティングがしっかりしている影響がありそう。

ポリウレタンは配合されず、弾力性も抑えめで、反発が悪くはないが特別良いわけでもない。中程度の反発性でした。

飛び過ぎを恐れずに、しっかり”打っていけるストリング”と言えます。

ホールド感

モノよりは柔らかくホールドする感触がありますが、マルチの中では中の下くらいのホールド感です。

スピン性能

使用し始めてすぐに、滑りが悪くなり、ストリングはスライドしなくなります。スナップバックは大きくありませんが、糸の硬さによって引っかかってくれる感触があり、擦る系スピンとの相性が良さそう。

中程度のスピン性能と感じます。個人的にはスピンコントロールも良かったです。

ヘビースピナーでなければ、スピン性能に問題は感じないと思います。

テンション維持性能

51ポンドで張り上げ、面圧は54.8としっかり出ました。3時間使用後の初期テンション低下が小さいです。

耐久性も売りのようですが、テンション維持率も期待できそうです。継続して観察していきたいと思います。

  • 張り上げ直後とヒッティング3時間後のテンション低下は3.5ポンド、▲6.4%とテンション低下が小さい
  • 張り上げ10日後 5時間使用後 49.2ポンド ▲5.6ポンド ▲10.2%
  • 張り上げ20日後 約7時間使用後 48.3ポンド ▲6.5ポンド ▲11.9%下げ止まりと言って良いレベル

耐久性(切断耐久性)

耐久性の良さに期待して、経過を追っていきます。

ヒッティング開始3時間でキシみを感じ、ストリングのスライドはほぼなくなります。ただし、表面コーティングは強そうで、毛羽立ちがなく、ノッチも浅めです。

切断後の修正評価

切断後に追記します。

コスト

2020年9月時点で、定価はXR3▲400円、コストパフォーマンスに極めて優れたマルチストリングです。

ネットではロールのカット売りも見つかります。

ロールで買えばかなりお得です。

ホームストリンガー視点での感想

表面のコーティングがしっかりしたコシのある糸ですが、あくまでマルチですので柔軟性もあり、横糸はとても張りやすいです。

表面コートは厚く、クランプの白潰れなどは見えず、気をつかわずに張ることができました。

ホームストリンガーにとっては、張りやすい1本でした。

XR3と比較して

この検証はXR3を基準に以下の視点で採点をしています。

  1. XR3のコストとそん色ないこと
  2. XR3の打感に劣らないこと
  3. XR3の耐久性を超えること
評価項目勝 者コメント
反発感XR3心地良い弾きの良さはXR3の良さ
ホールド感XR3柔軟性もXR3に分がある
スピン性能Brioスピンコントロールの良さでブリオの勝利
テンション維持引分け初期テンション低下が小さいのはメリット
切断耐久性Brioブリオの硬質感が耐久性につながりそう
コストBrio定価、流通価格ともにブリオは格安

ブリオはコストパフォーマンスが高く、性能バランスは良いです。ただしXR3の打ち心地とは全く異なり、代替とするのは難しいでしょう。

XR3では柔らかすぎる、飛びすぎる、粘っこすぎる、高すぎる、そんな方であればブリオを試す価値がありそうです。

インプレまとめ

ブリオはパワーを出し過ぎることなく、マルチとしては弾力は抑えめ。

反発、ホールド、スピン、全てが突出せず、バランスを保っている。

価格、耐久性も考慮して、幅広いユーザーに検討してもらえそうな、基準として考えて良いマルチストリングです。

最後に推奨プレイヤーをまとめたいと思います。

ブリオ125をおススメしたい人
  • 飛びすぎるナイロンは嫌だ
  • 柔らかすぎるマルチは嫌だ
  • ポリエステルが硬すぎてしんどいのでナイロンに切り替えたい
  • ヘビースピナーではなくナチュラルスピンやフラットドライブ系
  • マルチが好きだがもっと強く打っていきたい
  • 高耐久性マルチを求めている(今後の検証によって変わる可能性あり)
ストリング レビュー一覧インプレ・レビューしてきたストリングを一覧にし、各レビュー記事へのリンクも貼ってあります。ぜひご参照ください。 随時更新してまいり...
関連記事