ストリング

【ストリング/インプレ・レビュー】ベテランにマッチするポリエステルを探す⑥/ダンロップ エクスプロッシブ・バイト127(DUNLOP EXPLOSIVE BITE)

ベテランにもマッチしそうなポリ系のストリング探しシリーズ

6回目は、ダンロップのストリングモニターキャンペーン(当選者50名の狭き門!)で当選した、『ダンロップ エクスプロッシブ・バイト127(DUNLOP EXPLOSIVE BITE)』です。ダンロップさんありがとうございます。

ダンロップの公式サイトのストリング情報では、

『柔らか目』で『食いつき感が強い』位置づけのポリだそうです。

ダンロップ公式サイトより

スピン性能を重視した多角形ポリは、これまでほぼ未経験。おそらく自分のプレースタイルには合わないだろう、という勝手な先入観を持っていました。一方で、ポリ系なら断然柔らか目が好みではあります。

柔らかくてスピンがよく掛かる、どんなストリングでしょうか!?実際に打ってきましたが、

「こ、これは、ものすごく良い!!合う!!!」

ダンロップ エクスプロッシブ・バイト(DUNLOP EXPLOSIVE BITE)の特徴・スペック

エクスプロッシブ・バイトはダンロップエクスプロッシブシリーズの中では、最も柔らかいポリに位置づけられています。

メーカーダンロップ(DUNLOP)
製品名エクスプロッシブ・バイト(EXPLOSIVE BITE)
ゲージ1.27mm、1.32mm
カラーブラック、イエロー
素材ポリエステル
特徴

柔らかめのポリエステルを採用。
ラウンド形状に突起形状を追加することで、柔らかな打球感を確保しながら驚異的な喰いつき感を実現。

ダンロップ社公式サイト エクスプロッシブバイト商品ページより

製造国MADE IN JAPAN
価格情報

12m:2,750円(税抜価格 2,500円)
240m(ロールタイプ):36,300円(税抜価格 33,000円)

最安価格:単張りパッケージ品¥1,650+送料\250~、240m\21,780(送料無料)~ ※2021.4.16楽天調べ

私は今回、1.27mmのブラックを試しました。

ダンロップ エクスプロッシブ・バイト127(DUNLOP EXPLOSIVE BITE)のインプレ

【セッティング】

 PRINCE TOUR 100(16×18)

 50ポンド、プレストレッチ5%、1本張り(ゴーセン張り)

マルチとの違いもしっかり確認するために、セッティングは大きく変えず、マルチで張る時のマイナス2ポンド程度にしています。

ベースはラウンド形状だが、3つの鋭利な突起が配置されるため、三角に近い断面となる

約3時間打った★点数です。

反発感
ホールド感
スピン性能
テンション維持
コスト(市価)
総合点
打感の硬さ

懐の深さを感じる柔らさ。柔らかポリ特有のボヤけた印象は少なく、「自分のやった分だけが打球に現れる」感覚。

確かにスピン性能はメリット。引っ掛かりが良いからこそ、ヘビースピナーよりも、かえって私の様なノーマルスピンのプレーヤーの方がそのアシストを享受できそう。

手腕への負担が少ない、自分の意志が伝わりやすい、という点でベテランの私には非常に満足度が高い。

そんな結果でした。

EXPLOSIVE BITE
ダンロップ社 エクスプロッシブバイト商品ページより

これまで試した柔らかポリは、やや鈍さがデメリットでしたが、エクスプロッシブ・バイトは柔らか目なのに嫌な鈍さではありませんでした。

このストリングの感触を、以下報告していきます。

打感(反発・ホールド)

エクスプロッシブ・バイトは、ストリングでボールを掴んで放り出してくれるような「懐の深い反発」があります。その反発感も過剰ではないため、遠慮なく振っていける気がしました。

一方、遠慮なく振った時に問題となってくるのは、手腕への衝撃や痛みですが、オフセンターでヒットした場合も、そこまでのしんどさは感じません。このストリングの柔軟性が良い方向に働いてくれていると思います。

スピン性能

ボールの引っ掛かりが良く、楽にスピンを掛けられます。糸の戻りも良いので、スナップバックもしてくれているのでしょう。

すでに上述してしましたが、こういうスピン性能の良いストリングは、私のようなノーマルスピンのプレーヤーにこそ、メリットを与えてくれるのかも知れません。

しっかり振っていった時の適度な反発感+スピン性能によるコントロールで、コートに収まりやすいことが印象的でした。

また、ストロークのトップスピンだけでなく、回転系サービスのキレ、バックハンドスライスの伸び、ボレーのキレにもつながり、プレー全体の質が上がるような気がしました。

テンション維持性能

50ポンドで張り上げ、張り上がりの面圧は47.6ポンド。このような面圧の出方はポリ系共通です。

3時間使用後のテンション低下は5.4ポンド。比較的テンション維持が良さそうです。

  • 張り上げ直後 47.6ポンド
  • 張り上げ翌日 未使用状態 44.5ポンド ▲2.1ポンド ▲4.4%
  • 張り上げ翌日 1.5時間使用後 42.3ポンド ▲5.3ポンド ▲11.1%
  • 張り上げ3日後 3時間使用後 42.2ポンド ▲5.4ポンド ▲11.3%
  • 張り上げ8日後 4.5時間使用後 40.9ポンド ▲6.7ポンド ▲14.1%
  • 張り上げ30日後 6時間使用後 39.4ポンド ▲8.2ポンド ▲17.2%

もう少し経過を追っていきます。

コスト

2021年4月16日時点で、楽天最安値が単張りパッケージ品¥1,650+送料\250~、240m\21,780(送料無料)~です。

まだ発売して間もないため、実勢価格もやや高止まりでしょうか。今後、ロールカット品が流通し始めると、もう少しお安く入手できると思います。

ホームストリンガー視点での感想

多角形ポリは、特に捻じれに気を使います。

またこのストリングには3つの突起物がありますが、一度テンションを掛けた横糸は、縦糸との交差ポイントで突起物が潰れてしまいます。ですので、一度テンションを掛けてしまった横糸の通し直しは、極力避ける必要があり、この点について非常に気を使いました。

そもそもポリ系は張りにくいものですが、このような特殊形状の多角形ポリは、普段以上に気を使いますし、張り時間を要します。

インプレまとめ

ダンロップ エクスプロッシブ・バイト127(DUNLOP EXPLOSIVE BITE)は、懐の深さを感じる、柔らかポリストリングです。

パワーの落ち始めたベテランにとっても、スピン性能・過剰ではない適度な反発によって素晴らしいコントロールをもたらし、トップスピン・スライス系にキレの良さを与えてくれ、総合的に自分の意志を伝えやすいストリングでした。

モニターストリングだからと言って、忖度しているわけでは決してありませんが、とにかく私は非常に気に入りました!

ストリング レビュー一覧インプレ・レビューしてきたストリングを一覧にし、各レビュー記事へのリンクも貼ってあります。ぜひご参照ください。 随時更新してまいります...

推奨プレイヤーをまとめます。

エクスプロッシブ・バイトをおススメしたい人
  • 柔らかポリが好み
  • スピンアシストが欲しい
  • 思い切って振っていきたい
  • ポリを使いたいベテラン・女性に
  • 初めてのポリエステルに
  • スライスを多用するプレーヤー