Tennis site for tennis lovers

【ラケットバッグ】フルオープンが珍しい!!プリンス ラケットバッグ/ツアーエボシリーズ12本入(TOUR EVO Series TE210)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラケットバッグを買い換えました。

前回のラケバ購入時は、人と被らないことを優先して、あえてラケットメーカー以外を選んだのですが、耐久性に問題があって(個体の問題だった可能性もありますが…)買い替えを余儀なくされてしまったのです。

やはり餅屋は餅屋、今回はラケットメーカーの質実剛健なシンプルモデルを探しました。

現在、メインラケット(ツアー100)がプリンスのため、ラケバも合わせようかな、とぼんやり考えていたところ、良さそうな新製品を見つけました。プリンスの『ツアーエボシリーズの12本入ラケットバッグ』です。

すでに1か月ほど使用しましたが、良かった点、不満点含めてレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
Contents

プリンス ツアーエボシリーズ12本入ラケットバッグ

最初に製品情報です。

メーカープリンス(PRINCE)
製品名TE210(ツアーエボシリーズ12本入ラケットバッグ)
カラーブラック、ホワイト×ブラック×オレンジ
素材ポリエステル
機能サーモリフレックスラケットスペース、インナーセパレーター、アクセサリーポケット、背面メッシュパッド
サイズ/重量長さ76 x 幅30 x 高さ27cm/約2.2㎏(実測値)
生産国MADE IN CHINA
特徴

フルオープンタイプで収納しやすい、新構造のツアーラケットバッグ。

付属品シューズケース
価格情報 定価:15,400円(税込
Prince公式サイト製品ページより

プリンス ツアーエボシリーズ12本入ラケットバッグのレビュー

ぽってり可愛いシンプルなデザイン/意外と大きくて重い

デザインは、使う人を選ばないシンプルさとミニマムさ。『PRINCE』のメーカーロゴは、背負った時の表側に割と控えめの大きさのものと、背負った時の右側に小さなものがあるだけで、余計な装飾がないところが非常に嬉しい!

荷室は大きなフラップ型のフタが片開きとなります。フタは大きくオープンにすることはできるのですが、個人的には左右両開きの方が、やはり使いやすいだろうと思います。例えばラケットだけを取り出したい時にも、フルオープンにしなければならないのは、少し面倒に感じます。

サイズ的には12本入の割にかなり大きいです。バリスティックナイロンを彷彿とさせる頑丈なナイロン素材で、総重量は約2.2㎏、ガッシリと頑丈に作られていることが体感できます。他のラケバと比べると、若干重さが気になるかな!?

背中面がメッシュになっているので、汗をかいている状態でもベタつかず、またバッグを濡らさずに背負うことができるのは非常に素晴らしい点です。

考えつくされた、かゆい所に手が届く2つのポケット

ポケットは、外側(背負った時の左手側)の小さめのナナメポケットは、財布・スマホ・カギなどの小物を収納するのに適したサイズです。このポケットの優秀な点は、バッグを背中に背負った状態でも収納物を取り出すことができるところです。ちょうど、左手で開けやすい位置にあるのです。

重いバッグをわざわざ背中から下ろさずに、カギなどの小物を取り出せるのは、かなり嬉しい仕様ですね。

大きいフタをオープンにすると現れる、横長のファスナー付きポケットは十分な大きさで、例えばグリップテープ、マスク、リストバンド、テーピング、ボールペンなどを収納してもまだ余裕があります。

内容量はかなり大きいが、セパレートもできて便利な内部構造

ラケット収納スペースはサーモリフレックス仕様。TOUR100くらいのラケットなら、5本程度は収納できるスペースが確保されています。2本だとスカスカで、3本入れてもまだスペースは余っています。ラケットのグリップの部分がデッドスペースになってしまうのがもったいなく、このグリップのスペースにもうひとつ収納ポケットを作るなど、改良の余地があると感じました。

反対側のメインスペースは、そのまま大きなスペースとしても使える他、収納式のマジックテープ付きのセパレーターが2つついており、最大3ルームに仕切ることができます。

ちなみに私は、メインルームを3つにセパレートし、

  1. シューズスペース
  2. タオル&水筒&小物(バンダナ・リストバンド・サポーター類)
  3. 着替え・サングラス

に分けて使用しています。

荷物がもう少し多い時には、ラケットスペースにもタオルや着替えを入れたりもします。全体として収納量という部分では、とても優れています。

最後にもうひとつ、不満点に触れておきたいと思います。荷物を入れた状態だと、ラケットスペースとメインスペースの重量バランスが偏ってしまい(ラケット側が軽くメイン側が重い)、バッグを立てかけると倒れてしまうのです。対策としては、荷物を詰め込み過ぎないようにするか、ラケットスペース側にも上手く荷物を入れ込むくらいしかないでしょう。

もう少し荷物の重量バランスを考慮して、荷室のセパレートを改良できる気がしました。

レビューまとめ

プリンス ツアーエボシリーズ12本入ラケットバッグをレビューしました。

良い点不満点
●シンプルデザイン
●頑丈なナイロン素材
●収納力抜群
●背中のメッシュ素材
●ラケットスペースが大きい
●ジッパー付きポケットは2つながら必要十分
●ラケバを下ろさずに小物を取り出すことができる
●メインスペースの3セパレートの使い勝手◎
●重量が少々気になる
●フラップ型のフタが片側からしか開かないのは不便
●ラケットスペースとメインスペースの重量バランスが悪く、立てかけると倒れてしまう
●バッグ内にデッドスペースが存在する

忌憚なく感じたままに書きましたが、100点満点のラケバというものは実際に存在せず、必ずどこかに不満点もあるものです。このラケバにも少々の不満はありつつ、全体としては及第点で、個人的には気に入っています。

使っているうちに慣れてくるような気もします!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

Contents