WEB site for tennis lovers

【テニスシューズ】ナイキテニスシューズの起源『エアトレーナーⅠ』(NIKE AIR TRAINER 1)を掘り下げる/エアトレーナーⅠ復刻モデルの徹底解剖

当ページにはPRや広告が含まれています。

1987年に登場したナイキエアトレーナーⅠは、もともとはテニス専用シューズではなかったにもかかわらず、今だに伝説的な「テニスシューズ」として語り継がれています。

その派生モデルも複数存在し、いまだに数年置きに復刻され続けているのが、このシューズの人気を物語ります。

私もかつて愛用したことがあり、とても思い入れのある一足。ちょっとしたセールのタイミングで久しぶりに復刻モデルを入手してみました。

Contents

ナイキエアトレーナーⅠとは

エアトレーナー開発の逸話

80年代のフィットネスブームの中で、あらゆるスポーツやトレーニングに対応できる「クロストレーニング」モデルとしてナイキが開発し、1987年に販売開始したのが、このエアトレーナーでした。

このシューズ、開発秘話がとても面白いです。

販売開始の前年1986年、まだ試作品段階だったエアトレーナーをマッケンローが気に入ってしまい、ナイキからのストップを無視して、そのままトーナメントで着用して優勝してしまった。その後、マッケンローはなし崩し的にエアトレーナーⅠを取り入れて活躍を続けた、という逸話がナイキの公式サイトに掲載されています。

当時のテニスシューズと言えば、スタンスミスなどに見られる薄いソールのものから、クッション性のある厚手のミッドソールシューズに切り替わりつつある時期。それでも、エアクッションを擁したミッドカットのテニスシューズというのは、かなりエポックメイキングな存在だったに違いありません。

余談ですが、このシューズのデザイナーだったティンカー・ハットフィールド氏は、エアジョーダンⅠやエアマックスⅠもデザインをした伝説の存在だそう。どうりでエアトレーナーは完成度の高いデザインなはずです。

”Nike AIR TRAINERⅠ” Photo by http://news.nike.com/news/the-nike-air-trainer-1-through-defiance-a-legend-is-born

あわせて読みたい
【往年の名選手】憎まれた英雄”ジョン・マッケンロー”|John McEnroe Photo by Tennis Streaming テニスファンであれば”ジョン・マッケンロー”を知らない方はいないと思います。 強烈なスタイルで、80年代前半に君臨したマッケンロー。その...

エアトレーナーのラインアップ

エアトレーナーの代表的なモデルと言えば、マッケンローの履いていた、グリーンが差し色のクロロフィル。

その他、白×紺×レッドのミッドナイトネイビーや、黒×白のパンダカラーもラインアップされていました。

復刻モデルでは、さらに多様性が生まれ、当時はなかったカラーリングも多数作られています。ファッションアイテムとしても十分に楽しめるのが、ナイキスニーカーの魅力ですね。

エアトレーナーⅠ(ブラック/ダークグレー/クールグレー/ホワイト)のレビュー

開封の儀

今回私が入手したのは、ブラック/ダークグレー/クールグレー/ホワイトのカラーリング。

おそらく発売当時のラインアップにはなかったカラーですが、オリジナルの仕様をかなり忠実に再現できていて、デザインが良かったため、購入にいたりました。

せっかく復刻するなら、当時と同じオールドタイプのボックスにしてほしかったですが。

新品シューズを開封するのは、いつでも興奮します。

完成された不変のデザイン

オリジナルのデザインを損なうことなく、しっかりと再現されています。

エアトレーナーの復刻の中には、アレンジを加えたり、中には残念なものも多数存在するのですが、今回入手したものは当時の仕様にかなり忠実です。オリジナルを愛する者としては非常に嬉しい限り。

特に、前足部アッパーの控えめな通気孔のデザインがオリジナル通りなのが好感です(中には、アッパー全面に孔を開けすぎている復刻盤も存在します…)。

素材の配置もオリジナルに近い

入念に調べてみると、素材の使い方がオリジナルとは若干異なります。

このモデルは、天然皮革×人工皮革×人工繊維を素材に使っていますが、天然皮革を使っているのは前足部ライトグレーのヌバック部分、黒のアッパー部分。ストラップは樹脂ですが、そこにつながるグレーのパーツ、NIKEIAIRのロゴが入るグレーのヒール部分は人工皮革で作られています。オリジナルはこの部分も天然皮革でした。

オリジナルエアトレーナーは、人工皮革が使われていたのは履き口周り、アキレス腱に当たる履き口部分のみで、全体で天然皮革をふんだんに使う贅沢な仕様でした。

復刻盤では、ほんの少し天然皮革の比率が下がり、コストダウンしたようです。

実際にテニスに使えるのか!?

最初に履いてみての印象は、「サイズ的にはちょうど良いが、全体のフォット感が甘い、ソールが薄い」というもの。実際にテニスをプレーするには、少々心許ない感じです。

両足の平均重量は、353g(26cm、インソールを抜いた状態)でしたので、そこまで重さは感じません。

モデル名重量(サイズ26cm、インソールなし)
ナイキ エアトレーナーⅠ復刻353g
ナイキ ズームヴェイパーX319g
ナイキ ズームヴェイパープロ313g
ナイキ ズームヴェイパー9.5TOUR334g
On THE ROGER Pro343g
ミズノ ウェーブエクシードツアー5270g

フィット感の甘さにつながっているのが、このペラペラのインソールです。しかも、ミッドソールに接着をされてしまっていて、簡単に外せないのもいまひとつな点…。

このインソールでは、普段履きをするにも心地よくないので、思い切ってクッション性の高い『スーパーフィート オレンジ』を入れてみると、履き心地、フィット感が段違いに向上しました。

あわせて読みたい
【スポーツ用インソール】『スーパーフィート』インソールを3種類履き倒した!インプレ・レビュー|足の... 人の足は使えば使うほど、そして加齢に伴っても必ず変化をしていきます。 個人による程度差こそあれ、踏まずのアーチ=縦のアーチが潰れて扁平足に変化したり、母指球と...

よし、これならテニスできる!!

実際にプレーをしてみた

履いてプレーをしてみました。正直な感想は、

「プレーできないことは全くないが、現代テニスシューズと比較すると快適性、フィット感、サポート感が大きく劣る」

「通気性が悪くて蒸れやすい」

1980~1990年代のあの良い時代を思い起こしながら、のんびりエンジョイテニスで履く分には問題ありませんが、競技用としては少々厳しそう…。

まとめ

オリジナルを忠実に再現した、エアトレーナーⅠ復刻を入手しました。

天然皮革の使用割合が若干ダウンした以外は、おおむね再現度・満足度の高い仕上がりとなっています。

現代テニスシューズと比較すると機能性ではかなり厳しいものの、あの当時を思い出しながら、スーパーフィートの力も借りれば、エンジョイテニスのレベルであれば使用も可能でした。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

スポンサーリンク

Contents